2021年11月28日

no-title

image0.jpeg昨日は、今年最後の「長唄の会」でした。
早々切符が完売とのことで大変ありがたい、今年の納めの会となりました。

今回は、都風流、助六、二人椀久と唄わせて頂きました。都風流、助六と久しぶりに独吟でしたが、好きな二曲でしたのでとても嬉しかったです。



来年も、正月三日の初春公演です。
華やかに新しい年を長唄でお迎えいたします。
是非是非お運びいただけましたらとお待ち申し上げます。

今年一年ありがとうございました! iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年11月25日

塩原庭村アトリエ公演「MONOGATARI」

image0.jpegimage2.jpeg来週29日(月)18時より六本木HALL DOZにて庭村アトリエ公演・試演会を開きます。



平家物語や太平記、御伽草子など多くの書物に逸話の残り語り継がれてきた物語「羅生門」。今回は長唄の中に描かれている物語を三島葵さんの脚本、私の構成演出で語りと長唄の演奏をお聴き頂きます。

      「MONOGATARI」

羅生門
           

        綱館之段

 

 
研究会、試演会と言うこともあり、席数に限りがありますので、関係者のみでチケットは一般売り致しませんでしたが、お問い合わせを多く頂きましたので、僅かですが席の方をご用意させて頂きます。
ご予約はこちらから、又は下記にご連絡下さい。

是非是非お運び下さい。
お待ち申し上げております。

お問い合わせ
オフィス 庭村   09085162923 iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

塩原庭村アトリエ公演 「MONOGATARI」

来週29日(月)18時より六本木HALL DOZにて庭村アトリエ公演・試演会を開きます。

平家物語や太平記、御伽草子など多くの書物に逸話の残り語り継がれてきた物語「羅生門」。今回は長唄の中に描かれている物語を三島葵さんの脚本、私の構成演出で語りと長唄の演奏をお聴き頂きます。

      「MONOGATARI」

羅生門
           

        綱館之段

  
研究会、試演会と言うこともあり、席数に限りがありますので、関係者のみでチケットは一般売り致しませんでしたが、お問い合わせを多く頂きましたので、僅かですが席の方をご用意させて頂きます。
ご予約はこちらから、又は下記にご連絡下さい。

是非是非お運び下さい。
お待ち申し上げております。

お問い合わせ
オフィス 庭村   09085162923 iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年11月17日

no-title

image0.jpeg今月は、友人、知人、先輩、仲間のお目出度い御祝事が多く、そのお披露目の会や席にお声掛け下さって伺わせて頂きましたが、その席々で不思議なご縁があり、繋がり、言葉では上手く説明できないのですが、御福分けいただきまして、本当に只々感謝致しております。

ありがとうございました!



iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年11月14日

11月 庭村の邦楽サロン 感謝!

image0.jpegimage1.jpeg
11月のアレイ「庭村の邦楽サロン」も無事に終わりました。宣言も解除されたので、客席の方も元に戻しました。今回は、ゲストに韓絃楽 伽耶琴奏者 張理香さんをお迎えして、「散調」をお聴き頂きました。伽耶琴の深い音に導かれて、お運び頂いたお客様に張理香さんの世界に触れて頂けて大変嬉しかったです。



そしてもう一つ、いつもお客様か「演奏家にあたる光が美しかった」と言う言葉を頂きます。
劇場と違い照明としての機材は殆どないホールですが、この半年、照明家の青柳さんがホールにある機材を駆使して演奏家、演奏スペースに光を作って下さいました。改めて青柳さんのお力添えに感謝いたします。

さて、来月は今年最後の邦楽サロン。
歳暮に茶会ではなく歳暮のサロンと言う事で、今年一年の自分とサロンを振り返りながら、私が影響を受けた人、物、事、そして音楽など、私所蔵の音源、映像などを観ながら、聴きながら、「庭村の邦楽ばなし」と言う事で今年のサロンを皆様と納めたいと思っております。是非是非お運び頂けましたらと思います!

 
 12月10日 下北沢アレイ 午後6時より

   「 庭村の 歳暮の邦楽サロン 」
     〜庭村の邦楽夜ばなし〜

  入場料 3,000円  (御茶・お菓子付)
posted by 塩原庭村 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年11月06日

久しぶりに令子さんと

image7.jpegimage1.jpegimage2.jpegimage8.jpegimage9.jpeg昨日の夜、久しぶりに令子さんから電話がかかってきた。「今.Stripe d houseで個展やってるのだけど来ない?」
と言うことで、今日は仕事の合間に六本木のストライブハウスへ小堀令子さんの個展へ。



このコロナ禍で、ずっと会えなかったので、今日は令子さんの顔と作品を久しぶりに見れて嬉しかった。
お互い顔を見合わせて生存確認して、短い時間でしたが色々と話しも出来て楽しかった。




今回の令子さんの作品の中で、僕のお気に入りの作品の前で記念に一枚!




嬉しい一日だった。 iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年11月01日

帯と袴

image0.jpeg先週から演奏会が続き、久しぶりに自宅へ帰ったら、以前から頼んであった袴地と帯が届いていました。




先週から演奏会が続き、久しぶりに自宅へ帰ったら、以前から頼んであった袴地と帯が届いていました。最近は無双の袴地のものをよく使います。捌きや扱いがいいので見つけた時にお願いしています。
今回は、渋い茶の仙台平ですが、舞台ではなく、自分のサロンや研究会の時用にと。
帯も紬の着物の時の袴下の帯にと少し柄の大きめの更紗風の帯にしました。
あれやこれやと取り合わせを考える時間は楽しいものです。最近は無双の袴地のものをよく使います。
posted by 塩原庭村 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年10月25日

10月29日 サムエル記

image0.jpeg
10/29 「サムエル記」

    〜  撒母耳経 〜




マライヤーラム語、韓国語、中国語、日本語によるユダヤの予言書であり旧約聖書の「サムエル記」。桜井真樹子による"アジア版サムエル記"の公演に出演させて頂きます。
         

サムエルは紀元前11世紀の預言者である。最初に神の声を聞いたときのことをユダヤ教の預言書(旧約聖書でもある)サムエル記Tの3章は、伝えている。祭司のエリに仕えていたサムエルは、「サムエルよ」と呼びかける声を聞く。それはエリが呼びかけたのではなく、神の声だった。

 この物語を、1854年にイライジャ・ブリッジマンによって翻訳された美しい文語体の中国語聖書「委辨譯本(いべんやくほん)」より、日本語の書き下し文に翻訳し、長唄、韓国語、マライヤーラム語(南インド)、天台声明、ヘブライ語によって語ってゆき、サムエル記をアジアの世界に誘います。

出演

語り(長唄・日本語):塩原庭村

サムエル(クーディアッタム・マラヤーラム語)(スグット):コバヤシタカヒデ

エリ(ソリ・韓国語)(カルグラ):アイケイイチ

神(天台声明・中国語)(ユダヤ教典朗読・ヘブライ語):桜井真樹子

脚本・演出  桜井真樹子

料金:前売り\3.000 当日\3,500
ご予約・お問い合わせ:makiko_puti@mac.com
090-6034-7716(桜井)
場所:伝統芸能音楽座 ホールDOZ
(東洋医学 松柏堂医院2階)
最寄駅:日比谷線・大江戸線「六本木駅」徒歩7分
 千代田線「乃木坂駅」青山霊園5番出口 徒歩7分

iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年10月14日

完売のお知らせ

image0.jpeg11月アレイ「 庭村の邦楽サロン」公演ですが本日満席、完売となりました。
また、当日チケットは今回ご用意がございません。
是非、12日の邦楽サロン、お運び頂けましたらとお願い申し上げます。



iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年10月13日

11月 庭村の邦楽サロンのご案内

image0.jpegimage1.jpeg




  11月12日(金) 下北沢アレイホール
             午後6時開演

     

「 静寂の月 」


  
     韓絃楽 「散調」 独奏

           伽耶琴  張理香



11月の邦楽サロンは、ゲストに韓絃楽 伽耶琴の名手 張理香さんをお迎えして、韓国の伝統音楽楽器 伽耶琴(カヤグム)をお聴き頂きます。

伽耶琴という楽器は、朝鮮半島につたわるとても古い楽器です。
張理香さんの奏でる音の世界は、韓国伝統音楽の深い息つかい、消えゆくノンヒョン(独特なビブラート)の最後までを同じ空間で深くその時を刻み感じます。



張理香
李王職雅楽部 李昌奎に正楽カヤグム師事
重要無形文化財第16号 金茂吉 玄琴 師事
無形文化財第5号パンソリ鼓法 準人間文化財 金清満 伴奏長鼓 師事
カヤグム散調完奏にこだわり毎年独奏会 開催。1998年からは咸洞庭月流カヤグム散調の完奏。
銀座クロイゾンホールにて「滅紫月」公演、韓国国楽院玄琴首席奏者 李世煥と共演
NHK「詩人金時鐘の60年 海鳴りの中を」ドキュメンタリーで音楽担当、カヤグム演奏
文部科学省推薦の教育用ビデオ収録「日本とアジアの音楽」
現在、韓絃楽「滅紫月〔けしむらさきのつき〕」代表

お問い合わせ
下北沢アレイホール 0334681086
オフィス テイソン 09085162923


             

     




  
    
          



posted by 塩原庭村 at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記