2017年04月17日

四谷茶会記 「三七郎の会」お知らせ

6月16日 午後7時半より四谷三丁目にある綜合藝術茶房  茶会記にて第10回「三七郎の会」を開きます。今年は現代に生きる古典作品をと「長唄名曲シリーズ」と題して公演させていただいてますが、今回は、その2回目。長唄「綱館」を取り上げます。
語りに俳優の坪井美香さんを迎え、ゲストの三味線方  杵屋弥宏次さん、鳳声晴代さんの笛でお楽しみ頂けましたらと思います。

どうぞお楽しみに!

iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

今日は

image1.JPG今日は、夕方から家元の英執着獅子のラジオの収録がある。昨日も、わざわ師匠が稽古を付けてくださいましたが、声が出るか不安です。
家にいても仕方ないので、気休めの吸入をして喫茶店に入る。途中の神保町で本を二冊購入。
しばらく此処で気を休めようかと。

iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

来たぁ!

image1.JPG
待ちに待った荷物が届いた。

先月、歯医者の帰りに寄った古書店で思わず衝動買した「久保田万太郎全集 全15巻」

僕が持っていたのは、万太郎全集の内、俳句や長唄、小唄などの入っている巻。神田の古書店で見つけて持ってはいたけれど、全巻は中々見つからなかったので、図書館で読む度にいつかはと思っていた。
いやァ嬉しい!

毎日、声が出なくて鬱々していたところに届いたので本当に救われた思いです。

仕事が落ち着いたらゆっくり読むぞ。
楽しみが出来ました。元気が出て来たぞ!


iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

四谷茶会記 「三七郎の会」

image1.JPG
6月16日 午後7時半より四谷三丁目にある綜合藝術茶房 茶会記にて第10回「三七郎の会」を開きます。今年は現代に生きる古典作品をと「長唄名曲シリーズ」と題して公演させていただいてますが、今回は、その2回目。長唄「綱館」を取り上げます。
語りに俳優の坪井美香さんを迎え、ゲストの三味線方 杵屋弥宏次さん、鳳声晴代さんの笛でお楽しみ頂けましたらと思います。

どうぞお楽しみに!


iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月15日

黒木郁朝 版画展

image1.JPG
僕は、版画家の黒木郁朝さん人と作品が大好きです。
その黒木さんの作品展が、本郷の赤門前にある「愚怜」というギャラリーで19日まで開かれています。
春の優しい暖かさとエネルギーを感じる事ができます。是非、皆さんに見て頂きたい作品ばかりです。足を運んでみてください。



文京区本郷五丁目28番1号
03ー5800ー0806

ギャラリー 愚 怜


iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ダメ人間

image1.JPG
新宿の稽古場に行くのに、花園神社境内を抜けて行く。
まだ桜が眩しいくらいに咲いていた。





手をあげて此世の友は来たりけり

三橋敏雄




最近、何だか胸騒ぎがすることが多い。余りいい話しを聞かなくなった。
友人や知人が随分と体調を崩している。

汚染だと思っている。

大気汚染もあるけれど、人間や社会を不安定にさせる感情操作させる汚染からだとも強く感じる。
こんな時だからこそ頑張らなければいけない立場の人間だと思うのだけれど…。
くよくよしててダメだ。
自分を触発奮起させなきゃダメなのに。

サッ、先を見て仕事に行くよ!


iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月14日

疲れた。

image1.JPG今日は疲れた。
別段、何をした訳でもないのに。
朝から鞄に仕事の資料や覚えものの譜面を入れて、あっちに行っり、こっちに行ったり。
昼間は伊勢丹で、ちょっと知り会いになった陶芸家の方の作品を見に行ったけれど、同じフロアで展示されていた、岡さつきさんという陶芸家の作品にすっかり魅かれてしまいました。
普段の生活の中で岡さんの作品を普段使いの雑器として使えたら、優しい、いい時間が過ごせるだろうなと思って見ていました。
夕方は、赤坂の耳鼻科へ。
中々良くならないなぁ。
唄い方かえて、諦めて潰そうと思ってます!
どうせ声なんて落ちてくるのだから、もっと個性の強い声にしようか!(笑)
帰りに一ツ木通りで、お師匠さんにバッタリ。そのまま、お師匠さんのお供で銀座のギャラリーへ。今日はギャラリーづいてる。
ガラス作家の作品でしたが面白かった。
お師匠さんと銀座で別れて、喫茶店を探す。今日は、どこもいっぱいで入れない。
銀座、新橋と歩きまわっても入れない。
四谷に出ることにした。
忘れていた四谷の喫茶店がある。
久しぶりだ。
やっと一服することができた。
ここはいいやぁ。
また、これから通うぞ。
疲れた。



iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月12日

追いつかない

今日は、多摩センターのレッスンだった。
勘違いして1時間半前に行ってしまった。最近、こんなことばかりだ。
このところ忙しいのはいいけれど、自分のペースで出来る仕事ばかりではないので、中々自分が自分に追いつかない。
ちょっとストレスだ。


多摩センターの教室は三越の中にあるので、時間を潰すにも喫茶店などなく、中にある丸善の書籍売場で本を色々探しては読んで時間を潰すしかない。
秋の自分の研究会の資料になる様な本を探そうかと、平家物語の訳本を何冊か探しては片読みし、「月の兎」の参考にと良寛の本を探しては片読みする。
あれも、これもと片読みしてたら、時間は潰れたけれど、すっかり疲れてしまった。
平家物語だって、良寛だって自宅に帰って書斎を探せばあるのだけれど、何しろ積読専門ときているから、岩山の様に高く本が至るところに積であるものだから探すのが大変な状態。図書館に行けばいいのだけれど、行く時間がない。
明日は、仕事の後に「月の兎」の台本打ち合わせ。
資料、間に合うかなぁ。
今日は徹夜で探すか!

最近、毎日がこれだ。困ったもんだ…

毎日毎日、追いつかないよ!

全く不器用だ。

iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月06日

先生の思い出

image1.JPG昨夜、仕事の帰りに寄った友人の店で大岡信先生が亡くなったのを知った。
僕が藝大在学中に取っていた、確か日本詩歌藝術論という講義を先生がされていました。
萬葉集、古今集、俳句から現代詩まで、毎回毎回、とても興味深い楽しい講義だったのを思い出します。
試験の時も確か、何かを論しなくてはいけなかったのに対して、上手く書けなかったので、自分の好きな俳句を五句と、その時間に作った俳句を三句書いて提出したことがあった。後日、先生から
「君は面白いなぁ」と言われたのが、何だかとても嬉しかったのを覚えています。
余りに面白い講義だったので、単位関係なく次の年も聴講してました。
授業で使った「折々のうた」は今でも実家の書斎にあります。
先生、ありがとうございました。



iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月05日

一枚の襖

image1.JPG実家の書斎を整理していて思い出した。
僕の書斎は床の間の付いた5畳位の小さな部屋で、ちょっとしたお茶室位。床の間には、本が積み上げてあって、今や床の間は見えない。部屋の入口に一枚だけ襖がある。本やら資料やらが多いので風を通すため、いつも開けっぱなし。もう10年位使っていなかったのではないか。地震で建付も悪くなっいるだろかと久しぶりに引き手を引いてみたら、市松の襖が出てきた。
そうだ、そうだ。表具師の友達に頼んで、市松の襖にしてもらったんだ。
10年前は、この部屋で稽古をしていた。小さくて地味な部屋は嫌だったので、どうやったら明るくなるものかと色々考えていた時に、市松の襖紙を思い出した。
友人に無理を言って張り替えてもらったのだけれど、大正解だった。
地味な小さな部屋が明るくなった。襖一枚でこれだけ変わるものかと、改めて感じました。我ながら中々であります。
桂離宮ではないけれどね…(笑)
posted by 杵屋三七郎 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記