2019年12月30日

丸く仕事納めとなりました。

image0.jpeg4日続いた忘年会も終わり、今日は有末さんとのインプロのライブが今年最後の仕事、納めとなりました。いやぁ〜!楽しかったし、嬉しかったですね。朝、出かける前に有末さんからのメールで、「今日は即興と言うことで」とありましたが、有末さんの舞台は、即興といわれても嫌じゃないんです。あの有末さんの間と言うのかな、行間と言うのか、余白と言うのか、あの中に入って行くの好きなんですよね。
今日も随分と楽しませていただきました。
最後は有末さん、芝居の幕切れの様に、何とも素敵でした。
お客様にも喜んで頂けた様で良かったです。
ありがとうございました。
そして武蔵境から、今年も大変お世話になったケイコさん宅での忘年会へちょっと顔を出しました。ゲラゲラ、ゲラゲラといい時間でした。

来年もドンドン行きますよ!

今年も無事に丸く行きました。
ありがとうございました。



あっ、忘年会5日続いたか。

iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月27日

忘年会

image0.jpegいつもお世話になっている皆さんから呼んで頂いて忘年会へ。ちょっとした日帰り旅の様で嬉しいです。今年も本当に多くの方に支えて頂きまして感謝感謝でいっぱいです。
2時間の電車で向かう中、旅のお供は山田さん編の谷川俊太郎さんの「こどもあそびうた」

来年、子ども劇場でどんな作品が創れるかなぁ。また、ウリポさんや久しぶりにHal&pandaさんと素晴らしいメンバーで創れますから幸せです。今から楽しみです!

ありがとうございます!

iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月23日

渡邊智道 ピアノソロ

image0.jpeg人生は堰に草の茂るみたいに気楽に

今日は、下北沢のアレイホールで開かれた渡邊智道さんのピアノのLiveのお手伝いに行った。お手伝いと言ったって、受付に座ってるくらいの事しか出来ないのだけれど、渡邊さんのピアノが聴きたいばかりにプロデュースをした友人のナオちゃんにお願いしてやらせてもらった。
今日のプログラムはどれも素敵な曲が選ばれ、素晴らしい演奏でしたが、中でもアイルランドの民謡の「サリー・ガーデンのほとりで」に感涙しそうになった。
僕には思い出の曲で
この曲を聴くと、なんだか育ててくれた祖母を思い出す。
優しく寄りそう愛のある渡邊さんのピアノの音に柳が優しく風にゆらゆらと揺られている様な、そこに祖母がいる様な姿や顔が見えるのです。
色々と祖母との思い出が出てきた。
まさか、今日のプログラムの中で聴けるとは思っていなかったので本当に嬉しかった。

嬉しい一日になりました。

ありがとうございました。



iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月22日

工藤冬里 陶展or Live

今年も恒例の工藤冬里さんの陶展でのライブにご一緒させてもらい遊ばせて頂きました。


音楽家であり砥部焼の陶芸家である冬里さん。今年で3回目でしたが、ライブは毎回楽しいのですが、今回が 一番面白かった!三味線弾くのすれそうでした。
ご一緒させて頂いて幸せでした。



ありがとうございました!



残念だったのは、欲しかった作品が全部売れてしまったこと。来年をまた、楽しみにしてます!

ありがとうございました。


iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月21日

工藤冬里 陶展

image0.jpeg今年も恒例の工藤冬里さんの陶展で遊ばせて頂きました。音楽家であり砥部焼の陶芸家である冬里さん。今年で3回目でしたが、いやぁ〜楽しかったですね!
今年も、これで歳が越せます(笑)
ありがとうございました!

残念だったのは、欲しかった作品が全部売れてしまったこと。来年をまた、楽しみにしてます!

ありがとうございました。




iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月11日

中国書画の名品

image0.jpegこのところ、朝早く起きなくてはいけない生活リズムないので、夜は9時を過ぎると眠くなる。
昨日は、仕事が早く終わったので寛永寺へ久しぶりにお墓参りに行った。墓所を出ると目の前が国立博物館なので、ふらっと寄ってみる事にした。
催し展示の案内を見ていら、東洋館の「中国書画精華」が目にとまったので観てみる事にした。
中国書跡・絵画の名品が揃う。日本の美術は、古くから中国書画の影響を受けて、特に、宋・元時代の書画は、禅宗文化とともに鎌倉・室町時代の日本に数多く伝えられ、書院や茶室で、日本の美意識にもとづいて愛されてきた。なかには、江戸時代に至るまでの文化人・芸術家の鑑定書や模本をともなう作品も少なくないと言う。

今回の展示の
重要文化財 「四睡図軸」

豊干(ぶかん)禅師・寒山・拾得が虎とともに眠る姿を描く。森羅万象の静寂を表したもので、悟りの境地を示すとされている。
豊干は奇行で知られる唐代の禅僧で、寺内を虎に乗って歩いたという。

とても繊細な線で描かれ、品格のある美しい作品だった。

平石如砥・華国子文・夢堂曇噩賛 中国 元時代・14世紀

あともう一つ。これも寒山拾得なのですが、

重要文化財の「寒山拾得図軸」

寒山拾得の妖しい微笑みに惹かれる名品だった。

伝顔輝筆 中国 元時代・14世紀(2019年11月26日から展示)

そして松平不昧公も旧蔵されていた国宝 無隠元晦あて法語。馮子振筆 など素晴らしい作品と改めて出逢えたので嬉しい事でした。
東洋館をでて、本館の日蓮上人の消息と明恵上人の夢記をこれも久しぶりに改めて観ました。
充実した時間でした。



帰りに寄った食堂で、尊敬するピアニストとバッタリ!二人して笑ってしまいましたが、いい一日でした。

ありがとうございました。

iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月07日

恒例 三七郎の会 望年会Live!

image0.jpeg12月15日(日)3時半から 新宿スペース無何有(ムカウ)にて「恒例 三七郎の会 望年会Live」を開きます。今回は長唄の名曲「助六」と「まかしょ」の二題と、ゲストに講談の神田春陽さんをお迎えして色々と楽しいお話しを伺いながら江戸を歩いてみたいと思います。

是非是非お運びください!

とき   12月15日 3時半開演
ところ  スペース 無何有
     新宿区3〜34〜3〜3F
入場料  3000円 (打ち上げ代込み)

お問い合わせ 09085162923




iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月04日

ありがとうございました。

image2.jpegimage3.jpegimage4.jpeg今日は、日本橋「長唄の会」。
今年も無事に終わらせて頂きました。
兄さんはじめ、皆様ありがとうございました。
新たなる年、1月3日「恒例 長唄の会初春公演」皆様お楽しみに!
posted by 杵屋三七郎 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月02日

遺愛の紅菊棗

image0.jpeg今日、師遺愛の棗が僕の手に届いた。




恩師 松岡宗訓調禅師が好んで使っていた物で、僕にとっても懐かしいものです。
手に取ると優しく、師の面影が出てきます。
これからは折々に出して使っていこうと思います。いいお守りを師から頂きました。

ありがとうございました。



iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

no-title

image0.jpeg

iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記