2022年02月20日

三月 庭村の邦楽サロンのご案内

22年3月ご案内(印刷配布用).pdf






昨年、ご好評いただきました、白拍子を取り上げましたた「島の千歳」につづきましての第二弾、「静御前のものがたり」歴史に残る静の歌の本意とは、また、長唄の中に描かれた静の姿とは。
現代に生きる白拍子 桜井真樹子さんをお迎えしてお話しを伺います。
是非是非、お運びください。
iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年02月19日

雅叙園

image0.jpeg今日は、朝から打ち合わせやお稽古にドタバタと。
夜は目黒の雅叙園へ仕事で伺いました。
前は通れど、雅叙園に入るのは何年振りか。
大広間の舞台で唄のも随分久しぶりでした。
あの、なんとも言えない派手やかな欄間、柱、襖、そして天井画、何度見ても、そのセンスに思わず…。唄う前に緊張が少しやわらぎました。
今日は、一日、いい勉強をさせて頂きました。

今日は、朝から打ち合わせやお稽古にドタバタと。
夜は目黒の雅叙園へ仕事で伺いました。
前は通れど、雅叙園に入るのは何年振りか。
大広間の舞台で唄のも随分久しぶりでした。
あの、なんとも言えない派手やかな欄間、柱、襖、そして天井画、何度見ても、そのセンスに思わず…。唄う前に緊張が少しやわらぎました。
今日は一日、いい勉強をさせて頂きました。

ありがとうございました!

今日は、朝から打ち合わせやお稽古にドタバタと。
夜は目黒の雅叙園へ仕事で伺いました。
前は通れど、雅叙園に入るのは何年振りか。
大広間の舞台で唄のも随分久しぶりでした。
あの、なんとも言えない派手やかな欄間、柱、襖、そして天井画、何度見ても、そのセンスに思わず…。唄う前に緊張が少しやわらぎました。
今日は、一日、いい勉強をさせて頂きました。

ありがとうございました!



iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年02月18日

no-title

image0.jpeg2月25日「庭村の邦楽サロン〜職人夜話〜」



本日、予定席数満席となりました。
ありがとうございました。
posted by 塩原庭村 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年02月16日

春来れば

image0.jpeg

春来れば経よむ鳥の花に啼く
            
今年も、谷中の稽古場の庭の梅は、この寒さの中にも綺麗に咲きました。
荻江節の名曲で「梅」と言う曲がありますが、その唄出しの詞ですが、鶯がホウホケキョウと啼くことから、法法華経と経をよむ鳥と鶯のことを言って詠ったところが何とも洒落ていて、春の清々しい景色を感じるので好きな曲です。
お弟子さんのお稽古の方も、季節柄か「梅の栄」や「松竹梅」などと言った梅に因んだ曲をお稽古する方が多い様で、皆さん楽しんでいていいなぁと思っております。
来週、お師匠さんと舞台で唄わせていただきます「四季の栄」と言う曲も「梅が香を桜に伝え青柳の」と唄出して始まります。
その季節々に取り合わせる言葉や音を楽しめる日本の音、邦楽のはとても贅沢な感じがします。

いい仕事につきました(笑)
posted by 塩原庭村 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年02月10日

庭村の邦楽サロン

image0.jpeg今月25日の邦楽サロン「職人夜話〜舞台大道具方  増田一雄さん〜」の打ち合わせ、準備も進み、今日から、来月のサロンの「静の物語」の打ち合わせ、準備にはいりました。芝居や邦楽の作品にも多く登場する静御前をテーマに、現代に生きる白拍子、桜井真樹子さんをお迎えして、静御前の生涯、残したものなど色々とお話を伺いたいと思います。他に、笛方の鳳聲晴代をゲストに静御前を題材にした長唄「賤の苧環」をご紹介いたします。
どんな素敵な、貴重なお話が伺えるか楽しみです。
3月25日18時から下北沢アレイホールにて
「庭村の邦楽サロン」是非是非お運びください!
お待ちしております!




iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年02月01日

旧正月の元旦に

image4.jpeg今日は、荻江節のお稽古に伺う前に鎌倉へご挨拶に伺い、帰りに先生のお墓参りに瑞泉寺へ。
先生のお誕生日もご命日も近かったので、久しぶりにお参りに伺えて嬉しかったです。
今日は、旧正月の元旦、天気も良く気持ちのいい一日でした。



ありがとうございました。
posted by 塩原庭村 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月31日

志の輔らくごin PARCO 千秋楽!

image0.jpegimage1.jpeg本日、「志の輔らくご」PARCO公演が無事に千秋楽を迎えました。



一ケ月、体調を崩さない様にドキドキしながらでしたが無事に勤められてホッとしました。
今年も、いいスタートがきれました。



お世話になりました皆様、ありがとうございました!

iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月22日

兄さんから

image0.jpegPARCO公演中日のPCR検査も無事、舞台関係者スタッフ皆さん陰性。千秋楽まで残すところ、あと8公演となりました。
体調管理しっかりと頑張りたいと思います。
今日は、楽屋に入ったら、兄さんの知り合いの印舗店にお願いしてあった、自分の落款の写しのゴム印が出来上がってきました。



想像以上の物で喜んでいたら、兄さんが「改名祝にあげるよ!」との事!
こいりゃ、春から縁起がいいなぁ!
こりゃ、バンバン押していきますよ! iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月20日

白井晟一 B ack to 1981 建物公開

image1.jpegimage2.jpegimage4.jpegいつも早めに劇場近くに着いて、喫茶店でゆっくりしてから楽屋に入るのですが、今日は、久しぶりに松濤美術館へ。



学生の頃から、松濤美術館の建物が好きでよく行ってましたが、今回は設計者の「白井晟一入門」〜Back to1981 建物公開 〜と言う企画で美術館の内部建築を堪能して観てきました。
平日の中途半端な時間とあってか、人が殆どなく一人占めの様だった。



今回、初公開の地下の茶室も素晴らしく、大好きな二階のサロンミューゼの広い壁には白井晟一の書が何点か掛けられていて、暫くボーっと一人、ソファで書を眺めていた。



何とも贅沢ないい時間だった。
posted by 塩原庭村 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月19日

中日

image0.jpeg早や、PARCO劇場の公演も中日となりました。
今日は、志の輔師匠が舞台前に、わざわざ楽屋へ喉ケアの飴や龍角散ダイレクトを届けてくださいました。



本当に勿体ないことです。
千秋楽まで無事勤まります様に頑張ります!

iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記