2019年11月22日

三七郎の会プログラム

image0.jpeg皆様よりお問い合わせ頂きました、三七郎の会プログラムですが、



私の手元に5部ではありますが残っております。先着順となりますがお送りさせていただきますのでご連絡ください。

ありがとうございます。

iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月21日

工藤冬里陶展

image0.jpeg今年も工藤冬里さんと遊びます。
お時間ありましたら、是非お運びください!



iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月20日

不自由の不自由展

image0.jpeg
開催中です。私も参加して作品を出してます。
是非に!


iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月18日

第四回 三七郎の会

おかげ様をもちまして、第四回「三七郎の会」も無事に終えることが出来ました。

お運びいただきました皆様、また会にご賛同、御後頂きました皆様ありがとうございました。

今年は、私にとりましては節目の年、また会になりました。

番組の「吾妻八景」は私が芸大入学試験の時に唄いました曲で、三味線、唄とも一年かけて、故五三吉先生、三左衛門師に稽古を付けて頂いた思い出深い曲です。また、今回初めて弟弟子の五三吉次さんに相三味線をお願いして、吾妻八景、松の翁の二曲を、稽古に何度となく付き合ってもらい舞台にかけさせていただきました。



そして、今回、尊敬する演奏家の一人、張理香さんにゲストとしてご出演頂き、理香さんの伽耶琴の深い音を奏でて頂き、会に華を添えていただきまし



節目の年、皆様のお力添えで充実した会になりました。

心より御礼申し上げます。


ありがとうございました。


また来年から、また新たな表現活動を目指してがんばります!


ありがとうございました。


iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月17日

御礼

image2.jpeg11月17日の「三七郎の会」は、おかげ様をもちまして満席となりました。
御礼申し上げます。
また見所の席数の都合によりまして、当日券はございません。お許し頂けましたらと思います。

ありがとうございました。




iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月10日

no-title

image1.jpegimage0.jpeg今月は演奏会が続きます。
リハーサルの帰りに、吉祥寺にある友人のギャラリーに寄りました。
明日から始まる「永岡誠」さんの個展の準備で作品の搬入がされてました。
ハッとする作品が多く、しばし見惚れてしまいました。

僕の出会った作品二つ。



気持ちのいいスカッとしたエネルギーをもらいました。

欲しいなぁ…と





iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月04日

no-title

image0.jpeg
水面に映るガス灯の…

まるで、清方や樋口一葉の世界にいる様な夜の景でした。2日間の地方での舞台も無事に終わりました。ほっとしました。
明日は、東京で録音です。
朝一で帰ります!

ありがとうございました。


iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月29日

久米勲さんの新著

image0.jpeg昨夜、久米勲の新著「流行歌のじょうけい」を頂きました。歌の好きな久米さんですから、きっと面白い本になったのでは…と、今から読むのを楽しみにしてます。



読んだ方のかんせい
iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月28日

工藤冬里さんの陶展

image0.jpeg今年も工藤冬里さんの陶展に呼んで頂きました。音楽家であり陶芸家である工藤さんの表現の世界は面白いです。
今年は、どうなるのかな(笑)今から楽しみです。



iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月26日

恩師の伝え

image1.jpeg来年から着る自分の紋の着物を誂えた。
今は亡き、恩師 松岡調先生のもとで修行中に色々と着物について、織のことやら染めの事を教えて頂きました。今回、自分の着物を職人さんに染めて頂く時に、ふと、先生の教えて頂いたことを思い出したて、教わった通りに注文を出してみた。

「いやぁ、いい勉強させてもらいましたよ、今、こんな注文出す人いないからね。」

と職人さんに褒められた。
今日出来あがって来た着物を見て、改めて先生に感謝するばかりです。



iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記