2024年04月15日

敦盛

image0.jpeg
旅の途中、塩屋の敦盛供養塔へ。
桜が散る中に、美しく佇んでいました。
「汝は誰そ」
たしか、平家物語 巻九の「敦盛最期」を読んだ時の事を思い出しました。




iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2024年04月03日

桜みよとて

image0.jpeg昨日は、谷中の稽古日でした。少し遠回りをして霊園の方から、今年の桜の様子を観ながら歩いて行きました。七分咲き、と言ったところでしたが、綺麗に咲いてました。
普段、色々考えてながら歩く癖はあるのですが、昨日もその稽古場へ行く道で、随分と知り合いに声を掛けられた様なのですが、全く気が付かないと言うか聞こえて来ないんですよね。顔も見えてないんですよね、ここ、1、2年、本当に凄いですね。
この間も、待ち合わせの時に、真ん前にいて声を掛けられているのに気が付かない事が多々あって、随分と怒られてしまいました(笑)
不思議にこんな事が最近、随分増えました。
このところ、目まぐるしく、自分のまわりが変化して来ている様に感じてますから、無意識に何も見ない様にしてるのでしょうか、暫くこのままでいようと思います(笑)

今日は、雨になってしまいましたが、折も折、
「春雨の降るは涙か…」と
稽古は「熊野」で、散るを惜しんでおりました。

iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2024年04月01日

縫い紋

image0.jpeg今朝は、早くからお稽古にみえる方が多く、稽古場の準備が間に合わずにアタフタしてしまいました。
お弟子さん達が、縫い紋について色々と話しをしていまして、僕の着物の縫い紋を見せてほしいと言うので、何枚かお見せしました。最近は、紬でも、お召しでも縫い紋を入れる時は地色と殆ど共の色の糸で入れてもらってます。



これじゃ、意味ないと言う方もいらっしゃるのですが、こうしておけば、どんな時でも役に立つものです。
ちょっとした光の具合で紋が見えたりする位がいいかなぁと思ってます。
結城などの紬にちょっと入れとくと、色々遊べるなとも思ってます。
お弟子さん方は「意味ない!意味ない!」と合唱されていましたが、この良さがわかってもらえないのが残念でありました。
これからは、わかってもらえる様な稽古に切り替えたいと思います!(笑)

iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

邦楽サロン 別会

image0.jpegimage1.jpegimage2.jpeg「庭村の邦楽サロン別会〜白拍子と長唄〜」
無事に終わりました。



色々と冷や冷やドキドキすることはありましたが(笑)出演者、スタッフの皆さんのお力で無事に終える事が出来ました。ありがとうございました!
今回、白拍子の歌舞「水猿曲(みずのえんきょく)」と長唄「島の千歳」をどうしても取り上げてやりたかった企画でした。
現代の白拍子であり、研究をされている桜井真樹子さんに色々と相談させて頂いて、「白拍子について」解説並びに「水猿曲」の実演をして頂きました。また「水猿曲」の鼓を桜井さんと望月左太助さんにお願いして、今回、一調だけの手を附ていただきました。とても興味深く素敵な演奏、作品になりました。



その後に、「水猿曲」の歌詞をそのまま引用した長唄の「島の千歳」の演奏ということなりました。

今回の企画に思ったよりも、随分と興味を持って下さったお客様が多く、とても嬉しかったです。
また、改めて構成してサロンで出来たらと思ってます。



iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 03:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2024年03月26日

稽古場にて

image0.jpegimage1.jpeg本日は、地方の出稽古から谷中の稽古となりました。東京は、この雨でしたが、皆さん遠くからも休まず通って来てくださって有難いことでした。
皆さん、今月中に現在稽古している曲を仕上げて、4月からは新しい曲に入るそうで頑張ってます!
今日は、久しぶりに応援にデンちゃんが稽古場に来てくれました。



偶々今日、出稽古先のお宅で仙涯和尚の軸を見せていただいたのですが、谷中の稽古場に置いてある加藤郁呼さんの「俳諧誌」をペラペラとめくっていたら、仙涯の句あり、



古池や芭蕉飛びこむ水の音

仙涯らしい(笑)
posted by 塩原庭村 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2024年03月25日

邦楽サロン別会研究会「白拍子と長唄」

image0.jpeg


今月31日(日)14時より、六本木 松伯堂D o zホールにて. 別会研究会「塩原庭村の邦楽サロン〜白拍子と長唄〜」を開きます。
能や歌舞伎、邦楽の作品の中に登場する、平安時代に活躍した女性の芸能者「白拍子」。

白拍子とは、どんな人だったのだろうか?
どの様な芸能をもって活躍していたのか?
その出立(装束)や歴史上の白拍子など、
現代に生きる白拍子として活動、研究をされている桜井真樹子さんを迎えて、お話しを伺いながら、白拍子の歌舞「水猿曲(水の白拍子)」の実演、また今回の「水猿曲」、白拍子を題材にした長唄「島の千歳」を邦楽長唄研究家の中村篤彦さんとの対談、解説と共にご覧頂きます。
大変、面白い企画です。ご興味がございましたら是非是非お運び頂けましたらと思います。

3月31日(日)開場13時半/開演14時

Dozホール
東京都港区西麻布1-5-11松伯堂医院2階

チケット 予約3500円/当日4000円

お問い合わせ
オフィス テイソン  09085162923
(または、こちらのメッセージでも受付ます)
posted by 塩原庭村 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2024年03月23日

追悼の達人

image0.jpeg
今月は、仕事場や移動の車中で読もうと、部屋に積んであった何冊かを持って出掛けています。
これ、面白い。今日は「正岡子規」の章。


iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2024年03月22日

凄いね

image0.jpegこの本が文庫になるなんて!
凄いなぁ。ありがたいです。



iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2024年03月10日

根津美術館にて

image0.jpeg先日、根津美術館で観た井戸茶碗がとても残りました。
「井戸」高麗茶碗の代表的な一つですが、慶尚南道昌原市の熊川窯が生産地の一つと言われています。今回観た、この「柴田」(重文 朝鮮時代・16世紀 根津美術館 蔵)のように高台から口縁へ直線的に開く形が「青井戸」の特徴との事だそうですが、淡く、とてもやさしい、端正な品のいい姿が美しい。




iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2024年03月08日

庭村の邦楽サロン 〜長唄と白拍子〜

image0.jpegimage1.jpeg久しぶりに3月31日14時より、六本木のDo zにて邦楽サロンの別会として自分の研究会を開きます。
歴史上の白拍子とは、
白拍子の芸能とは
長唄の中に描かれた白拍子の作品とは。

現代の白拍子として活動され、研究家でもある桜井真樹子さんを迎え、お話しを伺いながら、装束や白拍子が舞ったと言う歌舞「水の白拍子 水猿曲」の実演をご覧頂き、また、邦楽、長唄の研究家 中村篤彦さんとの対談と、長唄に唄われる白拍子の曲「島の千歳」の解説と、演奏をお聴き頂きます。
大変贅沢な会になるかと思います。
是非是非お運び頂けましたらと思います。





iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記