2018年01月01日

新年を迎え

image1.JPGimage2.JPG新年明けましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
暮れより、多くの方より嬉しい吉報のメールやお手紙を頂いたり、これから始める仕事のご縁をなど頂いたり、幸せな毎日を頂いてます。
改めまして感謝申し上げます。ありがとうございます。
今朝は静岡より初日の出と初富士の写真が届きました!吉景お裾分けです。

ありがとうございました。




iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

あけましておめでとうございます。

image1.JPG

本年も幾久しく御導き頂けます様お願い申し上げます。

杵屋三七郎
iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月27日

ブニュエルの作品

image1.JPG
写真家の池田さんと、映画の画像について話しをしていたら、今、上映中の映画を紹介してくれました。ルイス ブニュエルの作品「皆殺しの天使」
ブニュエルの映画は一本も観た事がなかったので、早速、上映されている渋谷のイメージフォーラムへ行った。
フロントへ入ったら、山崎はるみさんとバッタリ。昼間に会うのは初めてだったので何だか恥ずかしかった(笑)
中々シュールな映画で、不条理劇なのか、中々観ていて面白かった。
映像が美しかった。



iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

お知らせ

image1.JPG来年2月4日7時半より、阿佐ヶ谷のイエロービジョンにてfujikoさんのライブ「愛と平和を叫ぶ☆第十夜 命どう宝」のお知らせです。ゲスト 林栄一さんを迎えてのライブです。僕も行きます!是非是非。





iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月24日

願えば叶う!

image1.JPG
ローラニーロのアルバムが欲しい!

願えば叶う、願えば叶う!(笑)


iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

工藤冬里さんと

image1.JPGimage2.JPGimage3.JPG僕が会いたかった人に、友人達が縁を作ってくれました。音楽家でもあり陶芸家の工藤冬里さん。
昨日は、その工藤さんとのコラボ。
前の晩から朝まで工藤さんはライブに出演していたとか。
工藤さんの作品や音楽を聴いていて、優しくて、きっと面白い人なんだろうなと思ってはいましたが、予想以上に面白くや何事にも優しい方でした。
「自作の都々逸を唄います」とのことでしたが面白かったですね。途中、アンコ入りで朗読が入ったり、パソコンで映像を流したり、面白かった。圧倒されて三味線どころではなかったけれど、ギャラリーに集まった大勢の工藤ファンのお客様も大喜びでした。
1時間弱のライブでしたが、サラッとやって工藤さんはまた、夜のライブへ向かわれました。いい感じだなぁ。
憧れる。
友人にお願いして工藤さんの作品を。
posted by 杵屋三七郎 at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

送別会

image1.JPG
スラちゃんがドイツに帰るというので皆んなで集まった。アベさんは、スラちゃんに自分の故郷の「きりたんぽ」を食べてもらおうと秋田の実家から比内地鶏やら芹、新米で作ったきりたんぽを取り寄せて、前日からガラ出汁を取って皆んなに振舞ってくれた。
表現者であり、武道家でもあるスラちゃんとは楽しい思い出ばかりです。会うときは、大概酔ってますが(笑)ピナバウシュの話で盛り上がって踊ってくれたり、合気道の型から肚や筋肉の使い方を教えてくれたりと楽しい思い出はつきない。スラちゃんが皆んなで歌おうと用意してくれた「もみの木」を大合唱して、またの再会を約束しました。
日本酒党のスラちゃん、また一緒に飲むのを楽しみにしてます!


iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月22日

湯島の落語会

今年も、各稽古場で一つ一つ稽古納めをして行くと「年の瀬だなぁ」と感じます。
稽古の帰り、友人から誘われて湯島天神の落語会へ。夕方、天神様の和室で聴く落語とは中々いい雰囲気です。
林家彦丸師匠の掘り起こした珍しい落語を三席。キチンとした気持ちのいい語り口で内容ともに勉強になりました。
今風のゲラゲラ笑いを誘う様な噺ではありませんが、所々洒落の効いた品のいい噺、高座で何だかとても贅沢な感じがしました。円朝の落語ってこの様な雰囲気だったのかなぁなんて考えながら聴いてしました。
彦丸師匠の様な若い噺家さんは貴重です。
とても気持ちのいい会でした。
また、伺ってみたいと思います。
ありがとうございました。
iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ブルーバタフライ

今月は仕事の合間、何本か映画を観た。邦画や洋画のマーケティング映画にはウンザリしていたので、このところは殆ど観なかった。
ところが先日、知り合った日比監督の「ブルーバタフライ」と言う映画を観た。日比さんの初フィクションとのことでしたが、映像の映像だった。重いストーリーとは異なり映像の使い方が面白く、また美しかった。写真家でもある日比さんの世界がある。役者も音楽もいい。感覚的に観た様な映画だった。
中々、日本では観る事の出来無い映画だった。この様な映画がもっと増えて来ると日本の映画も面白いのに…。

iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月12日

芝居見物

講談の春陽さんにお誘い頂いて播磨屋の「梅の由兵衞」を観てきました。
春陽さんのおかげで、大好きな播磨屋の芝居を久しぶりにゆっくりと楽しませて頂きました。播磨屋の声、台詞が好きだなぁ。
播磨屋の俊寛や石切梶原、籠釣瓶に河内山、松浦の太鼓、由良之助…。随分と追いかけて観てきましたけど、今や僕の財産というか宝物です。
幕間にお弁当を食べながら、芝居の話や何気ない世間話をするのは楽しいものです。ゆったりとした時間を感じます。
春陽さん、ありがとうございました。



iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記