2018年05月22日

恩師の帯

image1.jpeg今日は仕事が早く終わったので、自宅の衣装箪笥の整理をすることに。
箪笥の奥から懐かしい物が出てきました。
20年位前に、恩師 故 松岡宗訓 調 師の講演会のお手伝いした折に「今日は、ありがとう。これお使い、あんたやったら生きると思うけど」と頂戴した龍村平蔵の帯です。
仏門に入られる前は織の研究者であり、織方でもありましたから、普段から裂地の事についても色々と教えてくださいました。有り難い、懐かしい思い出の帯です。
大切に蔵い過ぎて、自分でも何処へやったか行方不明になっていた物だったので、今日は出て来て嬉しいかったです。(笑)





iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

no-title

image1.jpeg今日もやっと仕事が終わった。

毎日ドタバタと時間ばかりが過ぎて行く。
中々、捗らない事もあり、ゆっくり休むことは出来ませんが、昨日は、話しがあると連絡をくれた後輩と昼食し、近況も含め色々な話しを聞く事が出来て大きなエネルギーを貰いました。その後、仕事に戻って一働きした帰り道、今度は先輩から電話を貰って呑みに行く。たわいも無い話しをしてゲラゲラ笑って呑んでいるだけなのですが、この先輩の凄さを改めて感じるばかりでした。
本当に有り難いです。
疲れなんてものはアッと言う間に吹っ飛んでしまいました!

ありがとうございました。

今年は頑張って、飛躍の年にしたいと思ってます。

今日は休肝日!
仕事終わりにペパーミントティなんぞ飲んで帰ります(笑)






iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月18日

福岡へ

image1.jpeg今日は福岡で、中村獅童さんの公演に伺いました。昨年、大病された獅童さんでしたが、完全復活!福岡のお客様も大変喜んで、あたたかい素敵な舞台となりました。
今日も一日、ありがとうございました。



iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月16日

三番叟

image1.jpeg二日間の能楽堂公演が終わりました。毎回、切戸口に向かう時間が、とても心が引き締まります。何とか無事に終えられました。
ありがとうございました。
さぁ、今日もこれから、舞台に向かいます!



iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月12日

中嶋君の鉄皿

image1.jpegimage2.jpeg先日、舞台の合間にふらっと入った民藝店で見つけた韓国の真鍮のスプーンとフォーク。



手触りも良く美しい。いいものを見つけたと喜んでいたら、心友でメリー☆チャンの中嶋君から、自作の鉄皿をもらった。中嶋君が作った作品を彼のツイッターで見て、すぐさま欲しいとメールしたら、その日のうちに四時間もかけて打って作ってくれたのでした。



「100年はもちますよ!」と言って、造る工程も丁寧に教えてもくれました。本当に嬉しいプレゼントでした。

流石、中嶋だ!

いつも、ありがとう!大切に使います!




iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 05:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

眠れない

image1.jpeg今日の稽古のことを考えていたら、何だかんだ眠れなくなってしまった。なので、部屋の片付けを始めた。部屋の角にあるダンボールに手をつけたら「鯨の目」と言う本が出てきた。成田三樹夫の遺稿句集だった。持っていた事すら忘れていた本だったけれど、何となくページをめくっているうちに思わず入り込んでしまった。
この遺稿句集を読んでいると、成田三樹夫は、素晴らしい詩人であり、俳人であることを知った。


鯨の目人の目会うて巨星いず

タイトルの由来となった、この句は水口博也の写真集「巨鯨」をヒントに詠んだ句だったそうな。


陽をうけて背中をかえす椿の実



もう、今日はダメだ、眠れない。







iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 05:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

打ち合わせ

image1.jpeg今日は、仕事終わりに来月の会の打ち合わせに下北沢へ。
今回、時雨西行の語りをして頂く坪井さんと台本の打ち合わせ。
坪井さんとは、三七郎の会では試演として随分と作品を創ってきました。僕は、あまり言葉を持っていないので、上手く言葉で伝えられない事が多くあるのですが、そこを本当に良く感じ取って下さって、2人して作品を創らせて頂いてます。
今回も、どんな作品になるか今から楽しみです。

坪井さんは、自身の会にて来月、中島敦の山月記に挑戦するとか。
「山月記」僕も学生の頃からの憧れの作品です。いつか作品にできたらなぁと思いつづけてます。



iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 05:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月07日

花びら

image1.jpeg「花びら」を墨で書いて欲しいと頼まれたので、久しぶりに硯を出して墨を磨ってみた。


iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

神田春陽さんの会のお知らせ

image1.jpeg若手実力派の講談師 神田春陽さんの会にゲストでお邪魔させて頂くことになりました。
円朝の怪談噺「豊志賀の死」他
三七郎はどこに出るのでしょうか?
今から楽しみです。
是非是非お運びお待ちしております!


iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

6月 四谷「三七郎の会」のお知らせ

image1.jpeg

iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 04:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月06日

波瀬満子7回忌追善記念公演

image2.jpegimage1.jpeg7月22日紀尾井ホールにて
女優あり、日本のことばパフォーミングアーティストであった波瀬満子さんの7回記念公演に出演致します!面白い公演になりそうです。
チケットの予約も始まりました!
是非是非、お運び頂けましたらと思います。
お待ちしております!






iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月02日

本会 「三七郎の会」のお知らせです。

image1.jpeg11月18日(日) 六本木 はん居にて第三回「三七郎の会」を開かせて頂くことになりました。プログラムは「島の千歳」 「一管独奏」「松の寿」を予定しています。
皆様のご来場お待ちしております。

前売り開始は9月9日です。

どうぞよろしくお願い致します。




iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

公演のお知らせです。

image1.jpeg
6月17日 四谷三丁目 綜合藝術喫茶 茶会記にて第13回「三七郎の会」を開きます。今回は西行をテーマに長唄の名曲「時雨西行」をお楽しみいただきます。
俳優の坪井美香さんのかたり、東音 田口拓さん、杵屋さん那都さんの三味線、望月美沙輔さんの笛の演奏でお楽しみいただきます。
是非是非、お運び頂けましたらと思います。


iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

公演のお知らせ

image1.jpeg5月14日〜15日 銀座 能楽堂にて「一粒萬倍」公演 「三番叟」に出演致します。



iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

公演のお知らせ

image1.jpeg5月13日 犬山の長唄演奏会「一の会」に出演させて頂きます。「雨の四季」「勧進帳」の二曲。今から楽しみです。






iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月27日

師匠と

image1.jpeg今日は、僕の師匠であり、家元の杵屋三左衛門 先生とNHKの録音に。立三味線の五三吉次君も脇三味線の五三吉雄君も、うちの師匠のところへ唄の稽古に来ていたお弟子さん、兄弟弟子です。
「唄も三味線も自分の弟子で演奏できる事が本当に嬉しい」と感慨深げに帰りの車の中でしみじみと言ってられました。
「今日は嬉しかったよ、焼き鳥でも食べて行こうか」と、ご馳走になりました。
久しぶりに師匠と二人で食事をしました。

もう、今年で師匠のところへ入門して28年になりました。




iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

no-title

image1.jpeg昨日は、NHKの録音の合わせの後、稽古を終えて急いで深川へ。
志の輔師匠からお預かりして、長唄の稽古をつけさせて頂いた志の麿君が、目出度く二ツ目の昇進となりまして、その披露公演がありました。
志の輔師匠はじめ、兄弟弟子の皆さんに囲まれて、あたたかい華やかな、とてもいい会でした。
志の麿君は、近年稀に見る真面目で誠実な志の麿君です。志の輔師匠のような立派な落語家さんになると思ってます。
どうぞ、志の麿さんを応援よろしくお願い申し上げます!
こちらも負けない様に頑張りますので、私の事もよろしくお願い申し上げます(笑)



iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月24日

ちょっと遊んでみようかと

image1.jpegimage2.jpegimage3.jpegimage4.jpegこの間、仕事の合間に柿傳のギャラリーに、ふらっと立ち寄った。
四角い薄い小皿と六角の青磁の小皿に何となく魅かれて買った。四角いのは干菓子か名刺置きにしようかと、六角の小皿は、金平糖を入れてみようかと、考えながら家に帰って開けてみた…




ん…… 。

あっ、引手だ!襖の引手にしよう!と閃いた。


ちょうど、稽古場にしている部屋の一枚襖を張替えようと思っていたので。

そうだ!引手にしよう!

そうだ、襖紙もやめて、布張りにしてもらおう。
以前、旅をした折に出会った機屋さんから買った布があった筈と、探してみれば…
あった、あった!



中々、布と引手との取合わせもいい感じです。

入り口の引手を四角いのにして、中のを六角に。


面白いね。

襖になるのが楽しみだ。
posted by 杵屋三七郎 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月22日

本地獄

image1.jpeg今月は、どんだけ本を買うんだ!
仕事の資料で読むのだから仕方がないのですが、図書館へ行けばいいのだけれど、行く時間がないのでです。
自宅からも不便で遠いのです。
読み調べるのが僕は遅いのです。
仕方がないのです。
買うしかないのです。
今月、既に18冊買いました。
今日も打ち合わせの休憩時間に3冊。
本で部屋の床が落ちそうです。
本で僕の生活、経済が大変です。
落ちそうです(笑)
しかしながら、何かを創るには必要な作業なのです。

今月も赤字だなぁ…。





iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

永青文庫 「良寛」に遇う

image1.jpeg今朝は早起きをして、昼からの仕事の前に目白の永青文庫に向かった。
昨日から「良寛」展が開かれているからで、どうしても今日観ておかないと遇を逃してしまいそうな気がしたから、駆けつけたのでした。
いゃ〜!素晴らしいものばかりでした。
良寛さんの書は本当に自分を追究した清澄な字の様に感じます。有名な良寛自画賛「是比誰」

是は此れ誰ぞ
大日本国国仙真子沙門良寛

と賛がありますが、良寛の師、国仙和尚から与えられた杖をついた自画像と説明されていましたが、突いているのではなく、師からの杖を深く頂いているのだと感じ見えました。



今日は、良寛さんにお遇いできた様で嬉しかったです。

ありがとうございました。
posted by 杵屋三七郎 at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記