2024年07月16日

浴衣

image0.jpeg新しい浴衣が仕立て上がりました。




普段、あまり着ないのですが、今年は随分と仕事で浴衣を着る事になりました。
昨年も一枚誂えたのですが、この暑さでは、替えの一、二枚では足らないかもしれません。

箪笥には、着れなくなったヨレヨレの浴衣が何枚もありますが、それを見ると色々と思い出が蘇って、中々、整理、捨てられなくて困ってます。

   
    糊強き浴衣新なる愁ひかな
              
                万太郎

iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2024年07月14日

未足混沌 どこまでも未完の余韻のうちに

image0.jpegimage1.jpeg盆の入りとなりました。
この春から、大変多くのご縁を頂きました。
その中で、ふとしたところから亡き師、松岡宗訓調禅師と繋がる事が多く不思議なご縁と導きを頂いています。



この夏もそれが続いております。
この歳になり、改めて亡き師の形式や束縛に捉われない、新しい物を積極的に受けいれる茶風や美学に触れ、その美意識は私の心の大きなよりどころとなり、一つの方向性となっています。
それらが活かされる場として、現代の暮らしの中で邦楽をはじめ、茶の湯を身近なものとして楽しんで頂きたいと考えてます。

迎盆に師遺愛の作品と紫陽花を取合わせて



詠草  「寺に宿せし友へ」 調
中廻し 自筆墨描入辻ヶ花文さ
花入  古竹 「水馴れ竿」

iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2024年07月08日

充実した休日に

image0.jpeg昨日は、朝から仕舞の勉強会を拝見に行きました。



京都の素晴らしい先生方の謡と仕舞を拝見出来て大変勉強になりました。
とくに地謡の運びの素晴らしさに感動しました。

夕方からは下北沢へ移動して、スセリさんの「台本劇場30」へ。ちょうど永六輔さんのご命日との事で、そのスピリッツを受けたスセリさんを初め、縁の方々が出演して大変素敵な公演でした。
久しぶりの休日でしたが、とても充実した一日になりました。

ありがとうございました。

 

iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2024年07月01日

久しぶりに

image0.jpeg六さん、駒さんの会に、久しぶりに唄わせていただきます!
とても、長唄ガイドと演奏が面白く、素敵ですよ。是非是非お運びください!
お問い合わせは、私の方でもお受けできます。


iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

夏の祓と

image0.jpegimage1.jpeg早や7月となりました。
昨日は、暑い中に紀尾井ホールへお運び頂きましてありがとうございました。

今日は丁度、御一日なので稽古場近くの神社へ伺って夏の祓に行ってきました。
お弟子さんからも頂いたお守りで、なんとかこの夏を乗り切りたいと思います。



今夜は、毎年お声をかけて頂きます会で、「巽八景」を唄わせていただきます。数寄屋の座敷から隅田川を観て、床には雪岱の「夜雨」を掛けてもらいました。趣きのある素敵な会になるかと思います。
僕も楽しみたいと思います。



iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2024年06月27日

充実した時間に

image0.jpegimage3.jpegimage2.jpeg
この二週間、追われる様な毎日でしたが、研究会や講座を開けて、とても充実したいい時間でした。今日は、今週末の演奏会で着けるために仕立てた絽の袴を取りに行きました。



織屋のおじさんが、「最近、正絹の絽の袴を仕立てる御茶人や能楽師も少なくなった」と言ってました。
珍しいと言われて、随分といい生地で安く仕立ててくれました。いい袴を作って下さいました。




帰りに、今週末に舞台で歌わせていただく四世杵屋六三郎の作品「吾妻八景」と「勧進帳」の無事を祈りまして、不忍池の弁天様と六三郎の碑をお参りしてきました。





充実した時間を頂けます様に頑張ります。
posted by 塩原庭村 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2024年06月04日

六月 下北沢アレイ「庭村の邦楽サロン」

image0.jpeg
本日は、大変な雨の中を多くの皆様お運び頂きましてありがとうございました。
満員御礼 感謝申し上げます。

今回も大人気企画
「三味線道中膝栗毛」洋月さん事、一恵ちゃんのパワー溢れる民謡メドレー北から南まで12曲、
そして、私は、山田抄太郎小唄集から、長唄、端唄まで、3人で走り終えました。
ゲストの洋月さんの力強い三味線と唄、それに寄り添い、支える晴代さんの優しい笛、大変素敵な時間となりました。客席もステージも、笑いあり、笑いあり!共にパワー全開の楽しいライブでありました。



ありがとうございました!

次回、秋からの邦楽サロン企画中です。
お楽しみに!
ありがとうございました。

また、今回のサロンにて、私の手違いでお客様に会場の御案内が至らず大変ご迷惑をお掛けしてしまいました。心よりお詫び申し上げます。

iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2024年06月02日

6月 「庭村の邦楽サロン」 満席となりました。

image0.jpeg
リハーサル、打ち合わせも済みました。


しかし、台本通りには行けない3人の会です。

明日、19時より下北沢アレイホールにて人気企画
「庭村の邦楽サロン〜三味線道中膝栗毛〜」を開きます。
おかげ様で満席となりました。
ありがとうございました。

ゲストの 洋月さん(端唄、民謡)、
     鳳声晴代さん( 笛)

をお迎えして、今回も洋月さん事、一恵ちゃんのパワー全開で、邦楽の楽しいひと時を皆様と。

当日、数席では御座いますがご用意させて頂きます。ご希望の方はお問い合わせ頂けましたらと思います。

(当日お問い合わせ 13時〜17時)

オフィス テイソン 09085162923

(鳳聲晴代 写真)

iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2024年05月30日

御礼

image0.jpeg
本日は、皆さまから多くのお祝いのメッセージを頂きましてありがとうございました。
心より感謝申し上げます。
これからは、次のステージに上がる時が来たと思ってます。また、恩送りの人生だとも思っています。信じて真っ直ぐに歩いて生きたいと思います。
いつも、お心を寄せて頂きまして本当にありがとうございます。

今日から地方の演奏会へ伺う道中、本を読もうかと積んである本から一冊引き出して鞄へいれました。新幹線の中で読もうと開いたら、一枚の写真が挟んでありました。


十五代目羽左衛門と六代目菊五郎の写真。
吉野山の稽古の折のでしょうか。珍しい貴重な写真が誕生日の日に出てきました。
あやかりまして、お守りにいたします。
精進いたします!
iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2024年05月14日

no-title

image2.jpeg
この五日間、追われに追われ、徹夜が続きましたが、本日、無事に頼まれていた原稿を納めさめる事ができました。



お待たせ致しました諸先生、先輩の皆様、心よりお詫び申し上げます。
光栄ではございますが、もうこの様な作品創りのお仕事は体力的に本当に無理です!
次回からは、お許し頂けましたらとお願い申し上げます。


今日は、電車での移動で仕事に出ましたが、座ると直ぐに寝てしまうので、何度も寝過ごして、なかなか駅に降りることが出来ず、遅刻しそうになりました!

もう、出来ません!

ありがとうございました!

iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2024年05月05日

祭りの中を

image1.jpeg
稽古の前に神保町へ資料を探しに寄りましたが、
ちょうど、お祭りで賑わっていて、久しぶりに三崎様の御神輿を観る事ができました。
ふと、久保田万太郎の句が

神田川祭りの中をながれけり
                万太郎

神田川とありますが、この句の祭は浅草橋榊神社の夏祭を詠んだものだと読みました。しかし、神田川という響きのよさは、神田明神の祭礼を連想させますね。
とても気持ちのいい御神輿を観させて頂き、色々と祓らって頂いた感じがいたしました(笑)



祓って頂いたおかげか、伺った書店で十数年振りに
懐かしい方とお会いできたり、欲しかった資料もトントンと全部揃いました。
その後のお稽古も充実したものとなりまして、とても気持ちいい一日でありました!

ありがとうございました。

iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2024年05月01日

早や皐月となりにけり

image0.jpeg
片隅に あやめ咲きたる 門田かな

                 子規

早や、5月となりました。
御一日の今日は、雨となりましたが、朝からいい知らせが届いたりと縁起よく、気持ち良く稽古にでました。

稽古の前に昼食をと、お世話になっているお店へ伺うと、ご主人と目が合って「今日は、鰆の竜田揚のしぐれあんかけを」とのことで、お任せしました。




本当に仕事が丁寧で、優しい美味しい料理です。
毎月楽しみにしています。
今度は、夜まで待って伺ってみたいと思います!

今月は、色々と動きだします!

iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2024年04月30日

整理

image0.jpeg
急に暑くなりました。稽古場やリハーサルなどで夏物の着物を着る方が増えてきました。
今日は、仕事の合間の時間を使って、衣装箪笥の引出しを一つづつ衣替え迄に整理しようと箪笥を開けました。
開けたのは袴や帯の箪笥でしたが、随分と忘れている袴が出てきました。シミが出てしまって痛んでいる物があったり、誂えたのも忘れているシツケの取ってない物が四枚と随分出てきました。
探している絽の袴が出てきません。
あちらこちらを引っ張り出したりしましたが、疲れ果てて、今日は整理出来ず、出したまま、お終いにしました。
30年もやっていると色々出てくるものです。
これを機に、また改めて整理したいと思います!



iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2024年04月29日

講演を

image0.jpeg今朝は、早くから学生の稽古をして、午後から越谷での講演に伺いました。40人位の皆さんと楽しいひと時を過ごす事が出来ました。
大変貴重な時間を戴きました。



ありがとうございました!

iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

巽八景

image0.jpeg今日は、「巽八景」の舞の地を勤めさせて頂きました。大きな劇場で先輩方に囲まれての独吟でしたので、少し緊張もありましたが、素晴らしい舞台、美術、空間の中で唄わせて頂けてとても光栄で幸せでした。

ありがとうございました。



iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2024年04月18日

ご縁に感謝して

image0.jpeg東京に戻りました。
今回の仕事では、「こんなことってあるのかな。」と、本当にビックリする様な引き合わせを感じて、出逢、再会があったりと多くのご縁を戴いて帰ってきました。
昔から、守られていると言うのか、その様に感じるご縁が多く、ここまで生かされ来ている様に思うのですが、今回は本当にびっくりすることばかりで…。
ご縁を戴きました皆さまに感謝申し上げます。



この旅の中、これからの自分の在り方についても改めて考える事が出来た旅でした。

ありがとうございました。

iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2024年04月15日

敦盛

image0.jpeg
旅の途中、塩屋の敦盛供養塔へ。
桜が散る中に、美しく佇んでいました。
「汝は誰そ」
たしか、平家物語 巻九の「敦盛最期」を読んだ時の事を思い出しました。




iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2024年04月03日

桜みよとて

image0.jpeg昨日は、谷中の稽古日でした。少し遠回りをして霊園の方から、今年の桜の様子を観ながら歩いて行きました。七分咲き、と言ったところでしたが、綺麗に咲いてました。
普段、色々考えてながら歩く癖はあるのですが、昨日もその稽古場へ行く道で、随分と知り合いに声を掛けられた様なのですが、全く気が付かないと言うか聞こえて来ないんですよね。顔も見えてないんですよね、ここ、1、2年、本当に凄いですね。
この間も、待ち合わせの時に、真ん前にいて声を掛けられているのに気が付かない事が多々あって、随分と怒られてしまいました(笑)
不思議にこんな事が最近、随分増えました。
このところ、目まぐるしく、自分のまわりが変化して来ている様に感じてますから、無意識に何も見ない様にしてるのでしょうか、暫くこのままでいようと思います(笑)

今日は、雨になってしまいましたが、折も折、
「春雨の降るは涙か…」と
稽古は「熊野」で、散るを惜しんでおりました。

iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2024年04月01日

縫い紋

image0.jpeg今朝は、早くからお稽古にみえる方が多く、稽古場の準備が間に合わずにアタフタしてしまいました。
お弟子さん達が、縫い紋について色々と話しをしていまして、僕の着物の縫い紋を見せてほしいと言うので、何枚かお見せしました。最近は、紬でも、お召しでも縫い紋を入れる時は地色と殆ど共の色の糸で入れてもらってます。



これじゃ、意味ないと言う方もいらっしゃるのですが、こうしておけば、どんな時でも役に立つものです。
ちょっとした光の具合で紋が見えたりする位がいいかなぁと思ってます。
結城などの紬にちょっと入れとくと、色々遊べるなとも思ってます。
お弟子さん方は「意味ない!意味ない!」と合唱されていましたが、この良さがわかってもらえないのが残念でありました。
これからは、わかってもらえる様な稽古に切り替えたいと思います!(笑)

iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

邦楽サロン 別会

image0.jpegimage1.jpegimage2.jpeg「庭村の邦楽サロン別会〜白拍子と長唄〜」
無事に終わりました。



色々と冷や冷やドキドキすることはありましたが(笑)出演者、スタッフの皆さんのお力で無事に終える事が出来ました。ありがとうございました!
今回、白拍子の歌舞「水猿曲(みずのえんきょく)」と長唄「島の千歳」をどうしても取り上げてやりたかった企画でした。
現代の白拍子であり、研究をされている桜井真樹子さんに色々と相談させて頂いて、「白拍子について」解説並びに「水猿曲」の実演をして頂きました。また「水猿曲」の鼓を桜井さんと望月左太助さんにお願いして、今回、一調だけの手を附ていただきました。とても興味深く素敵な演奏、作品になりました。



その後に、「水猿曲」の歌詞をそのまま引用した長唄の「島の千歳」の演奏ということなりました。

今回の企画に思ったよりも、随分と興味を持って下さったお客様が多く、とても嬉しかったです。
また、改めて構成してサロンで出来たらと思ってます。



iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 03:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記