2018年10月15日

お弟子さんの勉強会

image1.jpeg年に一度の、お弟子さん達の勉強会を今月末にいたします。
今年一年の稽古の成果を発表する会です。
皆さん、慌てて稽古に励んでおります!
さて、どうなりますか(笑)



iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

三七郎の会 ご予約案内

image1.jpegimage2.jpeg三七郎の会の切符のご予約が13日より始まりました。早々と多くの方のご予約、お問い合わせを頂きましてありがとうございます。今回も見所の数に限りがございますのでお早目にお問い合わせ、ご予約を頂けましたらと思います。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

杵屋三七郎 事務所
posted by 杵屋三七郎 at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月08日

本会 三七郎の会の御案内

image1.jpegimage2.jpegチラシができました。故 松岡調先生の胡蝶の表装に、友人で書家の小熊廣美さんに書いて頂きまして取り合わせて作らせて頂きました。

今週の13日より切符を承ります。
会場の都合によりまして、お席に限りがございます。
早めの御申し込み、お願い出来ましたらと思います。

お待ち申し上げております。
posted by 杵屋三七郎 at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

本会 三七郎の会の御案内

チラシができました。故 松岡調先生の胡蝶の表装に、友人で書家の小熊廣美さんに書いて頂きまして取り合わせて作らせて頂きました。

今週の13日より切符を承ります。
会場の都合によりまして、お席に限りがございます。
早めの御申し込み、お願い出来ましたらと思います。

お待ち申し上げております。

iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月30日

六本木 はん居 「三七郎の会」のお知らせ

image1.jpegimage2.jpeg11月18日(日) 六本木 はん居にて三時開演。
是非々お運び頂けましたらと思います。
お待ち申し上げております。




番組は
posted by 杵屋三七郎 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月25日

秋の風

image1.jpeg
死ぬものも生きのこるものも秋の風

久保田万太郎





iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月19日

本会 「三七郎の会 」のご案内

image1.jpegimage2.jpeg「本会 三七郎の会」のお知らせです。

本年も11月18日(日) 3時開演 六本木 はん居にて「本会 三七郎の会」を開かせて頂くこととなりました。



この度は、能楽森田流笛方の寺井宏明さん、舞踊家の西川扇千代さんに御出演いただけますこととなりました。
また、私の師である京都妙心寺 大法院 閑栖 故松岡宗訓 調 師の三回忌にあたり、師との思い出多い はん居の舞台にて、師が米寿になられた折にお祝いとして作曲させて頂きました「松の寿」を追善として演奏させて頂きます。





皆さまのお心にて、大変贅沢な会になりました。是非是非、お運び頂けましたらと御案内申し上げます。

杵屋三七郎



演目



島の千歳
唄 杵屋 三七郎

三味線 杵屋 三澄那
杵屋 三那都
鼓 望月左太寿郎


一管 翁
笛 寺井 宏明
(能楽森田流笛方)



松岡 調 三回忌追善

松 の 寿
唄 杵屋三七郎

三味線 杵屋 五助

箏 上原真佐輝

立 方 西川扇千代

(お問い合わせ)

三七郎の会 09085162923 まで

iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

張理香さんの伽耶琴の音

image1.jpeg伽耶琴奏者の張理香さんの演奏会に久しぶりに伺いました。素晴らしい演奏でした。
理香さんの気迫と気品に満ちた伽耶琴の音、金清満さんの澄み渡る凛とした撥の音、息、そして音頭を取るその間を聴て、何故か涙がとまりませんでした。
演奏を聴き終えた後、言葉に出来ない、今までに感じたことのない深い感動を覚えました。

素晴らしい会でした。

ありがとうございました。

精進します。




iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月17日

本会 三七郎の会

image1.jpeg「本会 三七郎の会」のお知らせです。

本年も11月18日(日) 3時開演 六本木 はん居にて「本会 三七郎の会」を開かせて頂くこととなりました。今回は、能楽森田流笛方の寺井宏明さん、舞踊家の西川扇千代さんに御出演いただけますことになりました。大変贅沢な会になりました。是非是非、お運び頂けましたらと思います。



島の千歳
唄 杵屋 三七郎

三味線 杵屋 三澄那
杵屋 三那都
鼓 望月左太寿郎


一管 翁
笛 寺井 宏明
(能楽森田流笛方)



松岡 調 三回忌追善

松 の 寿
唄 杵屋三七郎

三味線 杵屋 五助

箏 上原真佐輝

立 方 西川扇千代
posted by 杵屋三七郎 at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月09日

好評により!

image1.jpeg城崎から、

三七郎の邦楽サロン「日本伝統芸能の楽しみ方」のお知らせです。

大変御好評を頂きました三七郎の邦楽サロンを第3回目といたしまして開かせていただきます事になりました。

今回は「鼓の音」をテーマに、歌舞伎や落語、そして長唄の中から鼓にまつわる様々な曲など皆様にお聴き頂きたいと思います。
ゲストに囃子方さんをお迎えしての実演とお話しもございます。
是非是非お運び下さい!

日時

10月3日午後7時より8時半まで。JEUGIAカルチャーセンター多摩センター(ココリア6階)

問い合わせ

JEUGIAカルチャーセンター多摩センター

0423575303

です!




iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

城崎にて

image1.jpegimage2.jpegimage3.jpegimage4.jpeg「死者の書」制作 2日目
城崎国際アートセンター

今日は、一人でポツンと居る広い部屋をご紹介いたします。

リビング、ベッドルームと二間、25畳はあるでしょうか。





別にお風呂と洗面所も広いこと。


本当、一人では広過ぎる…。

リビングでは、バットで素振りも、剣道の稽古だって、踊りの稽古だって出来ますよ(笑)

食事は、ガムラン、パーカッションの やぶさんと二人で作って、皆さんと毎日食べています。

料理上手の やぶさん厳選の地魚や野菜、お肉。毎日、稽古の後の食事は豊かな食事をしています。

昨日は、お昼から天然鰤の刺身、半田そうめん、薬味に茄子の生姜醤油などなど、贅沢三昧です。

そのおかげか、今日の稽古は随分進みました。

これから、この広い部屋で一人浚います。

怖わ…

iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月06日

城崎へ

image1.jpegさあ、新幹線に乗りました!
今日から、城崎国際アートセンターに入ります。「死者の書」どんな作品になるか楽しみです。
制作滞在中も、合間に次の作品や舞台の用意もしないとなりません。

これから6時間の移動です。
色々とやること盛り沢山。

今年は、充実した時間を頂いています。

ありがとうございます。




iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月04日

筆を持たされても

image1.jpeg打ち合わせ中に、急にに不二山を描いてくれと筆わたされても絵は描けませんよ。
担当の人は、僕が絵を描けないのを知らない…。

でも、これでもいいかな…

我ながら中々気に入りました。

でも、不二山ではないね(笑)




iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

麿さんの独演会!

image1.jpeg志の輔師匠から御預かりして長唄の稽古に来ていた志の麿さんが、今年、二つ目に昇進しました。大変真面目で優しく、真のある落語家さんです。これからが本当に楽しみな麿さんの独演会が毎月、新宿で開いて居ります!是非是非お運びください。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。






iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月02日

桃太郎を唄う

image1.jpegimage2.jpeg今日は、大宮での「九月の会演奏会」にお招きいただきまして「桃太郎 宝の山入」を唄わせて頂きました。雨が心配でしたが、客席は満席で大変盛会でした。


初めて唄わせて頂く曲でしたので緊張しましたが、なにより声のことがあったので、何とか無事に終える事が出来たので、ホッとしました。
色々とご縁を頂きまして、嬉しい一日となりました。



ありがとうございました。

iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

いよいよ!

image1.jpegimage2.jpeg9月に入りました。いよいよ6日から
城崎international Arts Centerに入ります。
木野彩子さんの舞台
「折口信夫 死者の書 再読」に参加します。




折口の「死者の書」は大学時代読みまして、大岡信先生の講義で学んだこともありましたが、その時は中々、頭、身体に入ってこなかった作品でしたが、今回、参加するにあたり、改めて読み返していくと興味深い事が随分とあって、様々な資料を見ながら読み進んで行くことがとても面白いです。





さて、どんな舞台が生まれるのか楽しみです!
15、16日が同会場、ホールで公演です。
是非、城崎温泉にいらして頂き、international ARTS Centerにいらして下さい!

お待ちしております!
posted by 杵屋三七郎 at 02:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

no-title

image1.jpeg金沢から帰って来と思ったら、あっと言う間に一週間が過ぎてしまった。
今年も、先輩の金沢の会に呼んで頂いて、尊敬する先輩方とご一緒させて頂けたのは本当に有り難く、いつも勉強させて頂いてます。本当にご縁に感謝感謝です。

今週は毎日、下合わせと本番が続いて、少し疲れが出たのか、昨朝、起きたら全く声が出なくなってしまった。慌てて病院に走って診てもらうと、声帯疲労とのことで注射を打たれました。全く出なかった声が少し出る様になるのですから、薬は本当に怖いですよ。

今日は何だか頭がおかしくて、国立劇場で舞台があったのですが、何故か日本橋劇場へ行ってしまって、楽屋で着替えていて、「君、仕事場間違えてるぞ!」と言われるまで全く気がつかないんですから、どうかしてますよ( ;∀;)
慌ててタクシーに乗って何とか間に合いましたが、しばらく動揺して気持ちが落ちつかないまま舞台に出てしまったので大変でした。
声もなんとか出る様になりましたが、思う様には唄う様にはいかず、本当に今日の舞台はどうしようかと緊張しました。

明日は、大宮で演奏会。「桃太郎 宝の山入」を唄わせて頂きます。どうか声が戻ります様に。

今日一日、色々ありましたが、なんとか無事に終わりました。

ありがとうございました。




iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月24日

no-title

image1.jpegimage2.jpeg今日も一日、稽古が終わりました。
小さな勉強会でも、会が近づいてくると皆さん一生懸命に通って来て下さいます。やはり、会をやるのは大事ですね。


稽古が終わって、譜棚を整理していたら、もう何年も探していた自分の落款が奥の方から出てきました。
大学を出だ頃だったか、多田さんという篆刻の先生に彫って頂いたもので、「松濤」という自分の号を彫って頂きました。その当時、琳派の光悦や宗達、乾山や抱一などの美術、工芸を夢中になって観てまわっていた頃だったので、生意気にも、琳派系の作家の落款を真似て作ってもらったものです。自分で書いた歌本や譜面、大切な蔵書の印に使っていましたが、大事に仕舞いすぎたせいか、分からなくなってしまいました(笑)



今日は発見出来ていい日になりました。




iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月23日

本会 「三七郎の会」のお知らせ

今年も 11月18日に六本木 はん居にて、本会「三七郎の会」の会を開かせて頂くことと相成りました。


image2.jpeg


今回は、「島の千歳」、森田流 笛方 寺井宏明さんの演奏で「一管独奏」また、恩師 松岡調 師の三回忌追善としまして、師の米寿の記念に作らせて頂きました「松の寿」を今回、

西川扇千代さんの舞と共に演奏させて頂きます。


大変、贅沢な会になりました。

私も今から楽しみです。


是非々お運び頂けましたらと思います。



image1.jpeg
iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月21日

たむたむ

image2.jpegimage1.jpeg昨夜、友人から「たむたむの追悼特集でてるよ!」と映画芸術を見せてくれました。
たむたむ 事、映画撮影監督 たむらまさき。




なんだか、こうして追悼文を読んでいると、本当淋しいです。
何年か前に、友人主催のライブが青山のマンダラでありました。その時に たむたむも客席に座っていて、唄い終わって客席に降りて行くと珍しく呼び止められて、

「 よかったです。」

と、ひとこと褒めてくれて、しばらく色々な話しをしながら一緒に飲んだことがありました。

たむたむが僕に興味を持ってくれたことも、褒めてくれたことも、あれが最初で最後でしたよ(笑)

でも、嬉しかったなぁ。

いい思い出です。

瓶ビールを美味しそうに呑んでいる たむたむ と
もう、会えないのが本当に残念で淋しいです。




iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記