2021年01月16日

恩師のプレゼント

image0.jpegimage1.jpeg明日から仕事で金沢に行く前に、中々進まない実家の部屋の片付けをした。
何年も開けた事のない本棚の戸を開けると、見覚えのないダンボールの箱がいくつか出てきた。



その一つを開けてみると、陶芸の図録や更紗、裂地の図録、懐石料理の本、数寄屋建築、和様の書、琳派の本など、とても興味深い貴重な本ばかり。でも買った覚えがないものばかりなので、
一つ一つ手に取って、パラパラと目を通していると、本の間に写真や墨書きした何かの下書が挟んである。

これは、もしやと本の後ろを見ると、懐かしい蔵書印が貼ってありました。



僕の生涯の師である、故松岡調禅師のものでした。何故ここにあるのか思い出せませんが、物事を何も知らない私に、折に触れ、「これは、いい本だ、面白い本です」と言っては、随分と本を頂きました。
師が、まとめて送ってくださったものを、開けずにそのまま蔵って、忘れていたのかも知れません。
一つ一つを手にして見ると、師の声が聞こえて来る様な懐かしい思いがしました。
なんだか、この時期にうまく時間が流れているなぁと思います。

落ち着いたら、ゆっくりと読みたいと思います。

ありがとうございました。

iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188312011

この記事へのトラックバック