2020年10月23日

たけとりものがたり

image0.jpeg今日は、夕方からの稽古を先生にお願いして少し早めに切り上げて頂いて、坪井美香が出演される矢来能楽堂へ向かいました。原文語りと音楽による「たけとりものがたり」
矢来能楽堂は、いつ来ても何とも言えない落ち着きなある素敵な能楽堂です。


坪井さんの「たけとりものがたり」を伺うのは二度目。今回は、琵琶、能管、打ち物も入っての演出。打物の橘さんの感性は本当に素晴らしかったです。引き込まれてしまいました。
坪井さんの語りから生まれる古の言葉の世界も美しかった。今度は是非、今回のメンバーで「萬葉集」を読んで聴かせて頂きたいと熱望します!

能の舞台は、僕はとても好きですが、使うのは本当に難しい。もっと能楽を改めて勉強してみたいと思いました。

iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188055939

この記事へのトラックバック