2020年04月28日

「たいこもち」 櫻川忠七

image2.jpegたいこもち」 櫻川忠七 著 (朱雀社・昭34



昨日、紹介した新派の名優 花柳章太郎と私が出逢ったのは、「遊女夕霧」という古い舞台中継の映像だった。
その中に、今回紹介する「たいこもち」櫻川忠七も生きていた。

この「遊女夕霧」は川口松太郎の小説、脚本で、花柳の代表作となった芝居です。
序幕は吉原の引き手茶屋で、多勢の太鼓持ちが酒席の座興を添えている場面がある。
川口は、演出の久保田万太郎に「できれば忠七を舞台へ出してほしい」と注文を出した。
その希望が叶えられて忠七は舞台へ出ることになった。台詞も言い、踊りも踊って、明治の吉原の雰囲気を再現したと言う。
川口は、忠七が出て来ただけで古い東京之雰囲気がただよう。こんな匂いのする人物も忠七一人ではあるまいか。私が文部大臣であったら忠七を無形文化財にしただろう。芸に生き、芸に学んで、吉原だけに生きてと。
吉原一筋に生きた櫻川忠七の芸談と足跡です。

  夏足袋やいのち拾いしたいこもち
              
              久保田万太郎



iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187429836

この記事へのトラックバック