2019年12月02日

遺愛の紅菊棗

image0.jpeg今日、師遺愛の棗が僕の手に届いた。




恩師 松岡宗訓調禅師が好んで使っていた物で、僕にとっても懐かしいものです。
手に取ると優しく、師の面影が出てきます。
これからは折々に出して使っていこうと思います。いいお守りを師から頂きました。

ありがとうございました。



iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186873726

この記事へのトラックバック