2019年09月25日

萬葉集

image1.jpeg下合わせの後、友人達と久しぶりに食事をして、実家へ帰るので電車に乗った。
しばらくして電車が止まった。最近、本当によく電車が止まる。事故でもないのに暫く止まっていた。車内で、じっと待って居るのも嫌なので、構内にある書店に入って色々と見ていたら、折口信夫の口語訳の萬葉集が文庫で出ていた。上中下巻と三冊あったが、思い切って買ってしまった。


自宅には、萬葉植物文化誌と言う大切にしている本がある。萬葉集の中に見られる様々な植物について詳しく書かれたものだけれど、この折口の美しい口語訳と合わせて読んだら、どれだけ楽しいだろうとか衝動買いしてしまった。
10月に入って、少し舞台が落ちついたら読んでみよう。これからの季節、本を読むにはいい季節です。仕事で地方に出る折にも持っていこうと思ってます。
また楽しみが一つ出来ました。

iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186603338

この記事へのトラックバック