2018年12月08日

池田和広金唐紙展

image1.jpeg友人の池田さんが展覧会を開きます。

明治に開花した金唐紙は和紙に凹凸のある文様を打ち出して壁紙として作られ、欧米に盛んに輸出されました。金唐革紙研究所にて、各地に残っている金唐革紙の修復や復元を通して学び、蘇った金唐革紙。

「池田和広 金唐紙展」




12月8日〜22日 (土)
品川区上大崎2〜4〜17 「館 游彩」にて開いています。休館は水曜日です。
お問い合わせ 0364593155

是非、是非、是非!

iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185167446

この記事へのトラックバック