2018年08月24日

no-title

image1.jpegimage2.jpeg今日も一日、稽古が終わりました。
小さな勉強会でも、会が近づいてくると皆さん一生懸命に通って来て下さいます。やはり、会をやるのは大事ですね。


稽古が終わって、譜棚を整理していたら、もう何年も探していた自分の落款が奥の方から出てきました。
大学を出だ頃だったか、多田さんという篆刻の先生に彫って頂いたもので、「松濤」という自分の号を彫って頂きました。その当時、琳派の光悦や宗達、乾山や抱一などの美術、工芸を夢中になって観てまわっていた頃だったので、生意気にも、琳派系の作家の落款を真似て作ってもらったものです。自分で書いた歌本や譜面、大切な蔵書の印に使っていましたが、大事に仕舞いすぎたせいか、分からなくなってしまいました(笑)



今日は発見出来ていい日になりました。




iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184246720

この記事へのトラックバック