2018年07月31日

9月公演 木野彩子作品 「死者の書」

image1.jpeg今日から、次の作品の準備に取り掛かりました。9月にkinosaki international Arts Centerでの木野彩子さんの作品 折口信夫 「死者の書 再読」に参加します。折口信夫の死者の書は学生の時にチラリと読んで終わってしまったのですが、偶々ここ数年、この作品をテーマにした作品を色々と観る機会がありました。難解と言えば難解ではありますが、少しづつ、資料を探して読むうちに引きこまれています。
複雑なすじの中にも、当麻の蓮糸曼荼羅縁起、古代の霊魂信仰など、興味深いものばかりですが、この題材を、木野さんがどうやって創っていくのか、また、自分がどう参加していくのか楽しみです。色々と準備していきたいと思っています。




iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184065202

この記事へのトラックバック