2018年07月14日

夏の暑さも

image1.jpeg
今日は、午前中に図書館へ資料集めに行きましたが、図書館へ行くだけでも、この暑さで倒れそうになりました。
図書館について暫く放心状態。

8月半ばからの公演と9月公演の資料を探していましたが、気持ちが逃げたいのか、ついつい全く関係のない本を手に取っては読み始めてしまうのです。9月のコンテンポラリーの仕事では、折口の「死者の書」がテーマになるとの事で、少しづつ読み直して行くうちに、色々と想像のつかないことが多々あったので、全集と別の折口ノートを見つけに行ったのですが…

隣の棚にあった井上靖の「額田王」という本が、何故か気になって、気になって、とうとう手に取って、読み始めてしまった。
学生の時に出逢った額田王の歌や安田靫彦の額田王の絵が頭の中に残っていたのかも知れないけれど、

井上靖の「額田王」面白い!

気がつけば4時間近く。夕方からの仕事の準備をしなくては…

お昼も食べていなかったので、近くのいつも通う食堂へ行くことにした。
ここの食堂は、80代3人のおばあさんの仕事が素晴らしいのです。

今日は、鰯の酢〆、胡瓜もみ、ベーコンエッグ、豚汁と半盛りご飯。

思わず、ビール!と叫んでしまいそうでしたが、グッと我慢して…。

酢〆は大根おろしと山葵をのせて、この暑さでも御飯がすすみます。

今日は、これから「都鳥」の御所望で唄いに伺います。
夏の川沿いの夕座敷で演奏会するなんて、まだ粋なお客様もいらっしゃいますね。

御年93才の席主。カッコイイですね。

では、ちょっと緊張いたしますが、頑張って唄ってきます!



iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183867180

この記事へのトラックバック