2018年06月24日

神田春陽さんと!

昨日は、実力派講談師  神田春陽さんの会に伺わせて頂きました。

講談に今まで殆どご縁がありませんでしたが、今回、春陽さんにご縁を頂きましてご一緒させて頂いて色々と勉強させて頂きました。英一蝶「浅妻船」、そして三遊亭圓朝の真景累ケ淵「豊志賀の死」

面白かったですね。

豊志賀に音や唄を入れるという、春陽さんの演出も面白かったです。ちょっと、どうなるかと作りながら緊張しましたが、本番上手くいきました様でホッとしました。

今回は、春陽さんからいい時間を頂きました。

次回は、三七郎の会で春陽さんにお願いをして、長唄に関する作品を何か一つ作らせて頂いて試演会をさせていただきたいなぁ、と思っております!

しかし、講談の会はお客様いっぱいで、活気がありました。こちらも負け


image1.jpeg
iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183630076

この記事へのトラックバック