2018年03月30日

ご縁を頂いて

image3.jpegimage2.jpegimage1.jpeg
思いがけないご縁を明々庵さんに頂いて、早速に楽山窯へ向かいました。
出雲焼楽山窯は延宝五年(1677)、松江藩主の松平綱近が、萩焼の陶工であった倉崎権兵衛を招いたのをきっかけにはじまったと言われています。 松江藩御用達の楽山焼 として、不昧公好みの茶道具を中心に焼き続けている窯です。
車から降ると、門のあるお宅から女性が出てきて

「明々庵さんからの…」

と、わざわざ迎えに出てきて下さいました。
立派なお宅で緊張して後に付いて行くと、庭の奥にあるお茶室から、御当主 長岡空郷さんもざわざ出て迎えて下さいました。
急に伺ったにもかかわらず、お茶室にて楽山焼の歴史や作品などを伺いながら拝見させて下さいました。そして工房、窯場まで拝見させて下さいました。不昧公の時代からの登窯は200年以上にもなるとか。粘土の作り方や温度調整のこと、薪のことまで、とても興味深い貴重なお話をお教え頂き伺えまして、ご縁に只々感謝いたしました。
今年は、松江不昧没後200年との事です。
私師 松岡調 師が敬愛した不昧公。

師の導きを強く感じました。

今日の御縁に感謝申し上げます。

ありがとうございました。
posted by 杵屋三七郎 at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182839908

この記事へのトラックバック