2018年03月27日

おじちゃんの天丼

image1.jpegimage2.jpeg
久しぶりに東京に帰ってきた。
久しぶりの休日に神田 神保町へ散歩に出かけると、学生時代に良く通った天丼屋の「いもや」のガラス戸に店を閉めたと言う貼紙がしてあった。寂しくてたまらなくなった。
色々な思い出がある店だった。

そんな話しを夜、友人と飲みながら話していたら、

「何とも言えない、いい店があるよ。優しいんだよ、全てがね、行ってみたら」

と一軒の天麩羅屋を紹介してくれた。
翌日に早速、行ってみた。おじちゃんが一人でやっている小さな店でしたが、本当に何とも言えず、いい感じの店だった。
カウンターに座って、おじちゃんの仕事を見ながら待っている時間が、何だかとても優しいあたたかい、いい時間に感じた。
そして天丼。
コリャ、美味いよ。

これから通うよ。

いいお店と出会いました。
ありがとうございました。





iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182812651

この記事へのトラックバック