2018年01月06日

風狂の俳人たち

image1.jpeg友人で「三七郎の通信」の編集をしてくださる惰円社の田中さんが、長唄の会に来てくれました。お年賀にと言って一冊の本をいただきました。「きっと喜んでくれると思います、好きだと思いますよ」と

石川桂郎著「俳人風狂列伝」

昨日、思い出して電車の中で読み始めたのですけど、いやぁ、凄い…
11人の俳人の強烈な個性と壮絶な生きざまと作品が描かれてますが、凄い。
僕の10代、20代の頃には、まだこの様な表現者は僕のまわりにいて、育ててもらいましたから、今、この様な表現者はまずいないでしょう。これを読んでいて感動と、大きなエネルギーをもらいました。


僕もかなり、畸人なんだと思います(笑)




iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182053421

この記事へのトラックバック