2017年12月12日

芝居見物

講談の春陽さんにお誘い頂いて播磨屋の「梅の由兵衞」を観てきました。
春陽さんのおかげで、大好きな播磨屋の芝居を久しぶりにゆっくりと楽しませて頂きました。播磨屋の声、台詞が好きだなぁ。
播磨屋の俊寛や石切梶原、籠釣瓶に河内山、松浦の太鼓、由良之助…。随分と追いかけて観てきましたけど、今や僕の財産というか宝物です。
幕間にお弁当を食べながら、芝居の話や何気ない世間話をするのは楽しいものです。ゆったりとした時間を感じます。
春陽さん、ありがとうございました。



iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181826176

この記事へのトラックバック