2017年06月19日

1周忌

image1.JPG今日は、昨年亡くなった祖母の1周忌だった。昨年の茶会記「三七郎の会」で深沢七郎の楢山節考を坪井さんと公演した翌日だった。また同じ日に恩師の松岡調先生も亡くなられた。何だか複雑でしたが、あっという間の一年でした。
自分で言うのもおかしな事ですが、幼い頃に祖母と二人で暮らしていた時期がありましたから、随分なおばあちゃん子であります。
そんな祖母が亡くなって、不思議な事に余り思い出すことが無いのです。
今日のお坊さんの話しの中に、思い出る、思い出す時が供養だとの事ですが、祖母の性格からして、「思い出さなくたっていいんだよ!自分のことをちゃんとしっかりやりなさい!」と言っている様に感じるのです。
未だ至らぬ孫ですから、グッと我慢して出てきてくれないのでしょう(笑)
今日は、穏やかないい一日となりました。

ありがとうございました。







iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180085610

この記事へのトラックバック