2017年04月06日

先生の思い出

image1.JPG昨夜、仕事の帰りに寄った友人の店で大岡信先生が亡くなったのを知った。
僕が藝大在学中に取っていた、確か日本詩歌藝術論という講義を先生がされていました。
萬葉集、古今集、俳句から現代詩まで、毎回毎回、とても興味深い楽しい講義だったのを思い出します。
試験の時も確か、何かを論しなくてはいけなかったのに対して、上手く書けなかったので、自分の好きな俳句を五句と、その時間に作った俳句を三句書いて提出したことがあった。後日、先生から
「君は面白いなぁ」と言われたのが、何だかとても嬉しかったのを覚えています。
余りに面白い講義だったので、単位関係なく次の年も聴講してました。
授業で使った「折々のうた」は今でも実家の書斎にあります。
先生、ありがとうございました。



iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179334000

この記事へのトラックバック