2022年11月09日

取材旅行3日目

image0.jpegimage1.jpegimage2.jpeg取材の旅の最後は松島へ。



雄島、瑞巌寺をゆっくりとまわりました。





今回の取材旅行は物凄いエネルギーでした。深い旅となりました。
これから作品創がいよいよ始まります。
今回頂きましたご縁を受けとめて
しっかり向き合って繋いで生ける作品を創って行きたいと思います。

感謝申し上げます。ありがとうございました。
posted by 塩原庭村 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年11月05日

南三陸取材研修旅行2日目

image0.jpegimage1.jpegimage2.jpeg

南三陸での取材研修旅行2日目は、宮城の方言を地元で民話の語りべをされている仲松さん、工藤さんに、宮城民謡の長持唄を菅原正徳さんに、また大漁節、浜甚句を村岡賢さんにと、地元の名人お二人にご指導頂きました。




ご指導頂きました皆さんのお話を伺い、またその語りや唄に深く感動し、尊い一日となりました。



ありがとうございました。 iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

南三陸取材研修旅行

image1.jpegimage2.jpegimage3.jpegimage4.jpeg4月に参加する作品の取材、研修旅行に出ました。
今日は、南三陸の志津川港へ。



荒島神社を拝し、震災復興祈念公園の丘に登り立ち、美しく静かな海を眺めていると、清らかな風に出会いました。



今回の作品参加は様々な縁の繋がりあってのことと感じました。丁寧に大切に創っていけたらと思っています。




明日は、地元の方に方言と民謡を教えて頂きます。 iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年11月03日

ヨモギ酒

image1.jpeg
今年は秋から演奏会や新しい作品の舞台が続いています。四月までは風邪もひけませんので、このコロナ禍に教えて頂いて、作っている「ヨモギ酒」は、とても身体に合うのかこの2年風邪もひかないです。昔は神薬とも言われたヨモギ。お茶にしてもお酒にしても癖がなく飲みやすく中々いいです。



今日は、年内分の仕込みを仕事の前にしました。九州から届いた春摘みのヨモギを乾燥させて置いて焼酎に漬けます。葉が沈んできたら飲み始めます。ハイボールの様にして呑むのが美味しい。
ちょっとした皮膚トラブルにも良く効きますから万能なお酒です。
今月末には飲めそうです。
自然の恵みを楽しみに。

iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年10月15日

菊池寛実記念 智美術館

image0.jpeg静かな余韻に包まれたいい時間だった。



iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

お稽古日

今日は埼玉のお稽古日でした。
以前から皆様からのご要望もあったお稽古を、今月から東京と埼玉の稽古場に新しいコースをいくつか作って少しづつはじめてみました。
これからご案内をお出ししますが、既に体験の方がいらして頂いて
皆さん、楽しんで頂いている様で嬉しいです。
出張稽古、講演もいたしますので、ごき
  
  * 長唄・三味線コース


  *   荻江節 コース

荻江節は、明和 (1764〜72) の初め頃,長唄の唄方として知られていた荻江露友が舞台を退き初世荻江露友によって18世紀後半長唄から分派したもの。おもに吉原の廓(くるわ)内で歌われた。,後に地歌の曲をとり入れたり,新曲を加えたりした。また,三味線の役割が長唄と違いひかえめでありながら、情緒と品の良さがあるものです。
私は、荻江露舟師が唄われる荻江節に魅了されて20代の頃から少しづつお稽古をして頂きまして、友郁師にもお稽古を付けて頂いて、荻江寿園の名前をいただいております。


*   江戸小唄・三味線コース

江戸小唄は、名前の如く短い歌、小曲です。
江戸時代後期になると江戸では上方から伝わってくる歌も、地方の民謡もみんな包み込んで端唄と呼びんでいたそうで、江戸ではその端唄をすっきりと粋な味わいにしたのが小唄、つまり「江戸小唄」といわれています。三味線は撥で弾かず、爪め弾きで弾くのが面白いところです。
私は、この小唄を習いはじめたのは母の影響でして、学生時代より下谷(湯島)の長生派家元と言った母の師である、 故長生秀家元にお稽古を付けて頂きました。母の持っていた名前を継いで二代目長生秀尚の名前を頂いておりました。


*   邦楽サロン ( 茶論)

一つの邦楽に決めないで、様々な邦楽のジャンルに触れてみたい、そして、その中にある歌舞伎や落語、日本舞踊などの世界を知りたい方。
お茶を楽しみながら、演奏を聴きながら、また体験しながら、邦楽の世界を散歩します。

image2.jpeg

お問い合わせは

庭村の会   09085162923
       http://37ro.com/












iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年10月14日

邦楽サロンのご案内

image0.jpeg

iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年10月05日

お待たせいたしました!

image0.jpegimage1.jpegお待たせいたしました!邦楽サロンのご案内です。
posted by 塩原庭村 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年09月29日

自由と平和を願って

image0.jpeg
昨日は、桜井さんに声をかけて頂いて、渋谷で「鶴亀」を演奏させて頂きました。山川草木国土豊かに平和を願って。



素敵なプログラムと出演者、そしてお客様と。
その同じ空間と時間を共有することに意味があり、とても充実した楽しい時間でした。
ありがとうございました!
posted by 塩原庭村 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年09月09日

重陽 菊の節句

image0.jpeg
今日は重陽、菊の節句でした。
このところ、お別ればかりでしたから、平和と日々の健康、長寿をお祈りました。



先日、国博で観た「重陽上堂偈」
北条時宗が中国から迎えた無学祖元の墨蹟だそうですが、日本に来た年の九月九日重陽に詠んだものを後に「重陽上堂偈」として書いたものとのこと。
品の良いおだやかな手で、暫く立ち止まって見入ってしまいました。
丁度、お節句と重なって、今日はいい取り合わせになりました。 iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記