2020年09月26日

タルコフスキー

image0.jpeg

これから渋谷のアップリンクで上映するらしい。久しぶりに改めて観てみようと思う。
iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年09月23日

no-title

image0.jpeg今週から舞台の稽古が続いていますが、今日は折角まとまったものが、作り直しと言うことでドタバタしてしまいましたが、創ることは面白いものです。古典をベースに創ることは本当に楽しい。
皆様から色々とお声をかけて頂きまして今月、来月と光栄な大役を頂いて幸せです。


ありがとうございます!

iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年09月19日

「塩原庭村の邦楽サロン」

image1.jpeg今日は、久しぶりに四谷での「邦楽サロン」でした。秋に寄せて「喜三の庭」 「山姥」 「都風流」などをさせていただきました。色々と話していたら、プログラムに書いた「時雨西行」をすっかり飛ばして演奏するのを忘れてしまいました!
終わってから気がつきました。
大変失礼いたしました。
また、このコロナで今年のサロンは客席数の制限をさせて頂いております。どうかお許し頂けましたらと思います。

次回11月です。どうぞお楽しみに!
ご予約は是非お早めに





今日は、朝から色々なご縁をいただいて充実した一日でした。

ありがとうございました!

iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年09月14日

書家 小熊廣美の世界

image0.jpeg今日は、私が制作しているドキュメンタリーの撮影日でした。
春から小熊さんの世界を追ってますが、毎回、深くて面白い世界を観させて頂いてます。
これからも暫く追わせていただきます。
来年の秋くらいには皆さまに観て頂ける様になればと思ってます。



iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年09月13日

大観画談

image0.jpegimage1.jpeg今日は久しぶりの休日だったので、ふらふらと散歩に出かけました。
立ち寄った行きつけの美術専門の古本屋に、前から探していた「大観画談」があり、直ぐに手に入れました。以前、読んだことはあるのですが、この限定本が品がよく立派で欲しかったのです。
この中にある、岡倉天心への思いにいつも胸を打たれます。私の師である松岡調宗訓禅師に対する思いと重なるところがあります。
今日は、ゆっくり天心、大観を追って行きたいと思います。





iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年09月05日

稀曲の試み

image0.jpeg今年も勉強させて頂きます。



iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年09月04日

10月出演公演のお知らせ

image.png

iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月09日

落款

image0.jpeg先日のドキュメンタリーの取材の折に、書家の小熊さんに、葉書や譜面に使う落款の話しをしたら、何と、庭村の「庭」の落款を彫って下さいました。大変品格のある書体で、僕には身に余る様な落款です。また一つ、宝物ができました。


大切に使わせて頂きます。

ありがとうございました!

iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月04日

「庭村」の落款

image0.jpeg昨日、ドキュメンタリー撮影のための取材の帰りの車中で、小熊さんに、ちょっとした時に気軽に使える庭村の「庭」と言う字の落款が欲しいとお願いしたら、今日の稽古中に落款が出来たとLINEに写真が届いてびっくりしました。
昨日の今日で、忙しい中に彫ってくださったのだと、唯々感謝で一杯です。



大変品いい落款に、それに伴った人間になれる様に頑張ります!

今日も感謝感謝の嬉しい一日でした。

ありがとうございました!

iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

no-title

image0.jpegimage1.jpeg昨日は、今撮っているドキュメンタリーの取材で秩父へ。
別件で、書家の小熊廣美さんの導きで、記念館開館をめざし準備中の金子兜太の生家、金子医院へ。
貴重な資料を特別に見せていただきました。
数ある資料の中に、兜太の十代の頃の日記がありました。その中から昭和十二年に書かれた日記を見せて頂きました。僕が知っている、あの力強いエネルギーのある兜太の字とは全く違い、繊細な美しい字で書かれているのに驚き、感動しました。晩年の兜太の、あの字に至るまでの人間兜太の道程をもっと知りたくなりました。
そして、医師であり俳人だった兜太の父、金子伊昔紅の資料も多くあり、その人と人生にもとても興味を持ちました。親子二人を良く知る鰻屋さんのご主人にも、在りし日の二人の逸話などを楽しく伺いながら、美味しい鰻もいただきました。昨日は、今撮っているドキュメンタリーの取材で秩父へ。
別件で、書家の小熊廣美さんの導きで、記念館開館をめざし準備中の金子兜太の生家、金子医院へ。
貴重な資料を特別に見せていただきました。
数ある資料の中に、兜太の十代の頃の日記がありました。その中から昭和十二年に書かれた日記を見せて頂きました。僕が知っている、あの力強いエネルギーのある兜太の字とは全く違い、繊細な美しい字で書かれているのに驚き、感動しました。晩年の兜太の、あの字に至るまでの人間兜太の道程をもっと知りたくなりました。
そして、医師であり俳人だった兜太の父、金子伊昔紅の資料も多くあり、その人と人生にもとても興味を持ちました。親子二人を良く知る鰻屋さんのご主人にも、在りし日の二人の逸話などを楽しく伺いながら、美味しい鰻もいただきました。
帰りには、現在の医院長であり、兜太の甥にあたる桃刀さんが診療の合間にわざわざ顔を見せてくださって、自らコーヒーまで入れて下さって、二人のお話しを聞かせて頂きました。
素敵なご縁を頂きました。記念館が開館するのが楽しみです。

帰りは秩父華厳の滝も見れて充実した一日でありました。
ありがとうございました。
帰りには、現在の医院長であり、兜太の甥にあたる桃刀さんが診療の合間にわざわざ顔を見せてくださって、自らコーヒーまで入れて下さって、二人のお話しを聞かせて頂きました。
素敵なご縁を頂きました。記念館が開館するのが楽しみです。

昨日は、今撮っているドキュメンタリーの取材で秩父へ。
別件で、書家の小熊廣美さんの導きで、記念館開館をめざし準備中の金子兜太の生家、金子医院へ。
貴重な資料を特別に見せていただきました。
数ある資料の中に、兜太の十代の頃の日記がありました。その中から昭和十二年に書かれた日記を見せて頂きました。僕が知っている、あの力強いエネルギーのある兜太の字とは全く違い、繊細な美しい字で書かれているのに驚き、感動しました。晩年の兜太の、あの字に至るまでの人間兜太の道程をもっと知りたくなりました。
そして、医師であり俳人だった兜太の父、金子伊昔紅の資料も多くあり、その人と人生にもとても興味を持ちました。親子二人を良く知る鰻屋さんのご主人にも、在りし日の二人の逸話などを楽しく伺いながら、美味しい鰻もいただきました。
帰りには、現在の医院長であり、兜太の甥にあたる桃刀さんが診療の合間にわざわざ顔を見せてくださって、自らコーヒーまで入れて下さって、二人のお話しを聞かせて頂きました。
素敵なご縁を頂きました。記念館が開館するのが楽しみです。

帰りは秩父華厳の滝も見れて充実した一日でありました。


帰りは秩父華厳の滝も見れて充実した一日でありました。


ありがとうございました。

iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記