2020年04月02日

no-title

image0.jpeg今日は、稽古日の帰りに谷中の和菓子屋さん「荻野」さんに久しぶりに寄りました。もう30年近いお付き合いです。
ここ荻野さんの、お団子や草餅は勿論のこと、おこわのおにぎりが本当に美味しんです。
よく楽屋見舞にも使いますが、皆さんとても喜んでくれる品です。いつも早くから売り切れてしまいますが
、運良く御赤飯がありましたので夕食に買って帰りました。


今日は、鶏皮があったので、木の子と山椒で炒めて、あとは鯖汁、そして荻野さんの赤飯となりました。
このところ外で食べることが多かったので、自宅で自分で作って食べるのが、一番ゆっくり出来て美味しですよ。

荻野さんの御赤飯、久しぶりに美味しかったです!

ありがとうございました。

iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月31日

弘ちゃん逝く

image0.jpegAGEのママ、弘ちゃん、清水弘子さんが亡くなった。学生時代からだから30年近くの付き合いだった。
学生時代は通い内弟子の様に毎日師匠のマンションへ通い、稽古とお付きをしていた。
師匠のマンションの近くに師匠が通う小料理屋があって、そこのお客さんで町尻さんというアパレルの社長さんがいた。よく僕のことを可愛いがってくれた。
ある日、「ちょっと塩ちゃん預かるよ!」と師匠に断って外に連れ出してくれた。
何せ、毎日、仕事帰りに小料理のカウンターで師匠に怒られてるのを見ていて嫌だったんでしょうね(笑)
連れ出してくれた町尻さんは、近くにある何件かの店に連れて行ってくれた。そして、最後の店がAGEだった。
カウンターに座った町尻さんは、

「塩ちゃん、これからは、ここで呑んでりゃいいよ。」

「俺のボトルでこれから呑ませてやってよ!」

と。
 それから目白のAGE通いが始まりました。
出版社の小澤書店の地下ともあって、作家や詩人、編集者、大学の職員が多い店だった。

本もたいして読まずにきた学生でしたから、随分と弘子さんはじめ、カウンターに座る大人に可愛がりにあって、影響されて本が好きになりました(笑)なんだか、AGEで本を読む楽しさを教えてもらった様な気がします。
AGEには時折、自分が読んでいる本の著者や編集者が来ていることもありましたから、人と作品の一致やらギャップやらで。ワクワクしたり、興奮したり。悲しんだりと、面白かった。
店にしばらく通ううち、カウンターの中に入る様になり、朝まで呑んで店から仕事に行く様になり、最後は鍵まで預かる様になった(笑)

今でも弘子さんに感謝しなければならないのは、新宿を教えてもらったこと。

「塩ちゃん、新宿で呑んだことある?新宿は面白いよ。知らないと、いろんな人がいて、集まってて面白いのよ。いろんな人がそこにいるって自由だってことなんだよ」

と自分の行きつけや知り合いの店を一軒一軒、店を早く閉めては呑みに連れて歩いてくれました。
ゴールデン街のナベサン、二丁目のカプリコン、川田正子さんの店、パンスナック、五丁目の風紋、風花、松月館、歌舞伎町など…
もうなくなってしまった店もありますが、今でも僕にとっては大切な懐かしい思い出多い店ばかりです。そこで出会った多くの人に育ててもらった様な気がします。
小澤書店が倒産して、AGEも古巣の新宿の五丁目に店を移しましたが、もう10年くらい前になるでしょうか、弘子さんは体調などのこともあったりして店を閉めてしまいました。
暫く少し疎遠になっていましたが、その後も、知り合いの出版記念のパーティーや葬儀などで顔を合わせる事もあり、一緒に呑んだりはしていましたが、こんな急な別れになるとは思いませんでした。まわりの人は、弘子学校の最後の子と僕をゆびますが、僕もなんだか自負がありますね。
思い出があり過ぎて…

昨夜は、無信心な弘ちゃんに、無信心な僕とナオちゃん二人が、弘ちゃんを思い出しながら、取り敢えず頭に浮かぶ経文を写経しながら弘ちゃんを偲びました。


きっと、苦笑いしてるよ!と思いながら(笑)

弘ちゃん、本当に数々の出会いをありがとうございました。 

                  合掌

iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月29日

春の雪

image3.jpegふる雨もいつしか雪となりて候


今朝は、雨から春の雪となりました。
今日は一日、部屋から出ず読みかけていた本を読んだり、レコードを聴いたりして過ごしましたが、ベットの横に積んであった雪岱の図録を開くと、ちょうど三島麗子の唄う地唄の「雪」が重さなって、まるで芝居の世界の様でしたぬ。


久しぶりに部屋でゆったりとした時間を過ごしました。

iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

no-title

image0.jpeg夜桜やひそかに浮かれ打つ柝かな   

昨夜は、桜に浮かれることも出来なくなったこの街で、ひそやかにコロナの会となりました。

ちゃんと怖がりながら、生きる方法を考えて色々やってゆくしかないのです。やりながら考えるしかないのです。様々な声や音を聞きながら冷静に向き合って歩いていくしかないのです。


ありがとうございます。

頑張ります!

iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月25日

no-title

だって五輪やりたくてわざと少なく見せてただけじゃん。検査を抑制してたでしょ。
五輪延期になったら、急に検査数が一日4千件に増えたじゃない。
そりゃ陽性者増えるよ!当たり前じゃないか。
五輪延期の手のひら返しか。
命は守られない。
わかりやす過ぎる。
和牛の商品券なんて…

この国はおかしい。

iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

no-title

image0.jpegimage1.jpegimage2.jpeg
今朝、早く目が覚めたので、本を持って坂下の喫茶店に出かけた。



寺町谷中は七分咲きとはいえ満開の桜です。



なんだか、どんどんと世の中が怪しい雰囲気になってきた。情報を集めて、自分の生活の中心をどこに置くのか考えて、冷静に。

今日は稽古日だった。
お弟子さん皆さん、元気な顔を見せてくださいました。
自分の稽古も忘れずに(笑)
古典は、やればやるほど深く、面白い。



さて、明日はどんなことが起きるだろうか…
どんなことも楽しんで生活して行こうと思う。

iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月24日

四谷茶会記「塩原庭村の邦楽サロン」

image0.jpeg4月3日は四谷三丁目 綜合藝術喫茶 茶会記にて「塩原庭村の邦楽サロン」開きます!
どうぞお運び頂けましたらと思います。
posted by 杵屋三七郎 at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

no-title

image0.jpegimage1.jpegimage2.jpeg日曜日は吉祥寺で打ち合わせの後、時間があったので、桜満開の井の頭公園を抜けて駒場の日本民藝館へふらりと寄ってみた。企画展示の「祈りの造形〜沖縄の厨子甕を中心に〜」が開かれていた。



祈りによって生まれた造形の数々。
中々見応えのあるものばかりでした。
読みかけていた中沢新一の宿神についての本を再び読み始めたところだったので、想像していた世界が色々と結びついたりして面白かった。



そう言えば今月は、世田谷の文学館へも寄った。
「六代目中村歌右衛門展」が開かれてた。僕は晩年の歌右衛門の舞台しか観ていないけれど、財産となる素晴らしい舞台の数々だった。
懐かしい思い出と共に貴重な資料や映像が観ることが出来て、改めて中村歌右衛門の大さを感じ、感動して返って来た。



このコロナのおかげで、どこに行っても殆ど独り占めの状態。
なんだか充実した贅沢な時間を過ごしてます(笑)
このウィルスとは長期戦になることだろうから、自分の生活を整えること、やりたいことを中心にしながら冷静に、また新たに自分の表現活動が出来る様にチャンスを創ることだと考えて行動、生活しようと思ってます。

これからは、部屋に積んである開いていない本を一冊づつ読んで行こうと思ってます(笑)

iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

no-title

image1.jpegimage4.jpegimage5.jpeg
立川での公演がホールが使用出来なくなったので、急遽内容を変更して、山梨県梁川のピラミッドセンターでパフォーマンスの撮影となった。



丁度、先週立ち寄って、いい場所だなぁ〜、今度ここで何がやろうか!などと言っていたら、こんなに早く実現するとは凄い!(笑)
今週は、舞台が中止になってしまったので自宅の部屋に籠もっての仕事が多かったので、今日は、
美しい自然と、ゆったりとした時間の中での演奏と美味しい食事まで、本当に素敵ないい時間を過ごさせてもらいました。

ピラミッドセンターの外の敷地にある七角形に計算された小屋の大きなお風呂も独り占めで最高でした。
帰りは、高尾で京王線に乗り換えたのですが、ホームの向かいの不動尊の桜がライトアップされていて、電車を待つ間、素晴らしい夜桜見物となりました。


ゆったりとした最高の一日でした!

ありがとうございました。

有機野菜と酵素玄米の食事が本当最高だった(嬉)

iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記