2019年03月23日

光雲と青邨

image1.jpeg面白い本があった。
高村光雲の懐古談と前田青邨の随筆。
ちょっと感動的な話もあったりして。
いい本と出逢った。



iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月15日

叩く!中嶋君

image1.jpegimage2.jpeg親友、メリーチャンのpercussionの中嶋君は、最近、太鼓だけではなく、鉄も叩くのです。
フライパンだの、お皿だの、箸置きだのを、折々に作っては、僕に見せてくれます。



とても贅沢な素敵なものばかりです。




なんだか、皆さんに見て欲しいなぁ… と
言うことで、中嶋君の個展を8月に吉祥寺のギャラリーで開くことにしました。

「鉄も叩く!中嶋道隆の世界 」(仮題)

やりまーす(笑)

どうぞ、お楽しみに!

iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 03:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月12日

恩師の帯

image1.jpeg頼んであった帯が出来あがった。
昨年、私会の御祝いにと、恩師 松岡調 師 誂えの吉野間道の帯を、もう一人の先生でもある諏訪さんから頂きました。舞台の時に身につけたいなと思い、帯屋さんと相談して、男物の袴下の帯に仕立てもらいました。

「 これは、すごい帯ですよ!今、この様な帯は織れませんよ、糸から違いますから。私も出来あがりが楽しみです。」と、とても褒められて、今日が待ち遠しく楽しみにしてました。

いやぁ、いい帯が出来ました。

さて、どんな舞台に、何に取り合わせて着けようかと今から楽しみです。

また、宝物が出来ました。諏訪さん、ありがとうございました!

iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

日曜日

image1.jpegimage2.jpegimage3.jpeg昨日は、木村哲雄さんの絵を観に末広町で催されている「3331ART FAIR」に行った。多くのアーティストやグループが参加していて面白かった。



その足で夜は、21日の公演のリハも兼ねて、声のワークショップへ立川に向かった。
声の共鳴、波動を感じてみようと言うワークでした。立川のグループは、今回これで2回目。
テーマが、日本の芸能の中にある神々の歌と言う事でしので、♪とうとうたらり〜と「神歌」を題材に取って創ってみました。歌い方も様々に、その声や言葉、音を感じながら、下に居て、坐禅の様に瞑想しながら口ずさんでみたり、サークルになって歌ってみたり、すり足の様に歩きながら声を出してみたりと色々動きながら楽しかったですね。何か21日の公演のヒントになればと思います。


先日、作った扇も使えて嬉しかったです。



ありがとうございました。

iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月10日

携帯筆箱

image1.jpegimage2.jpeg携帯筆記用具箱を持ち歩いている。昔は、武士や商人が、矢立という携帯筆入れを持ち歩いていた様ですが、最近は、こんなものが出ております。便利ですよ。
句会や旅にいいですよ。
持ち歩いてます。
旅にでも出ようか(笑)





iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

はせ通信!

image1.jpeg
嬉しいものが届いた。
昨年の7月に紀尾井小ホールで演出、出演させて頂いたウリポ はせ カンパニーさんの企画公演の記録が、舞台そのままを通信に載せて下さいました!
嬉しいです!
皆さまにも是非、読んで頂きたい一冊です。

いいご縁をいただきました。
ありがとうございました!


iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月08日

名刺増版

image1.jpeg今年作った名刺が評判よく、300枚増版した。
八十翁の職人さんによる宋朝体活版の名刺。
手仕事だ。
今度、この職人さんに会ってみたいと思います。
ありがとうございました。



iPhoneから
posted by 杵屋三七郎 at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月05日

伊藤晴雨の

image1.jpeg今日は稽古の後、雨の中を神保町の古書店をふらふらと歩いた。
最近、面白い事がないからで、こんな時は古書巡りが一番いい。
何軒か立ち寄り歩いていたら、欲しかった木村荘八全集を見つけた。
パラパラと見ていても、挿絵の巻や風俗の巻は面白い。買うぞ!と値段を聞けば、けして高価な値段ではないけれど、今の僕には手が出ないものだった。
諦めのつかないまま、他の棚を見ていると「伊藤晴雨自画自伝」が目に入って手に取った。
幽霊画や縛り絵で有名な伊藤晴雨。その人の人生は中々面白い。
ちょうど四月に、2日間に渡り、阿佐ヶ谷ザムザで、かの有末剛さんと、Improvisationの作品を創らせてもらいます。有末さんと、どうConfrontingできるか楽しみですが、この晴雨の自画自伝を手にとって、色々とヒントをもらい感じました。

さて、どうなりますか。

本当に、本は巡り合わせがある。




iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月28日

こんな苦労が

image1.jpeg今日は稽古のあと、打ち合わせへ。
今年は、清方や雪岱の世界に少し触れてみたいなぁと思って、二人の随筆や作品を本棚から取り出しては触れてみると、春信や鏡花、木村荘八や久保田万太郎にも触れてみたくなります。

あんなこと、こんなこと (笑)
やりたい事多し!

明日までに、まとまるかなぁ。

こんな苦労、時間が一番楽しい。




iPhoneから送信
posted by 杵屋三七郎 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月27日

笑顔プロジェクト

image1.jpegimage2.jpeg
# 北海道8000人の笑顔プロジェクトに、ハルちゃんの声掛けで皆んなで参加!
呑んでる時の方が、筆を持つ手も字も曲がらない。笑ってる様だから、普段から呑んでようかと(笑)
posted by 杵屋三七郎 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記