2021年06月13日

no-title

image0.jpegimage1.jpeg今月も下北沢アレイ「庭村の邦楽サロン」無事に終わりました。お運び頂きました皆様ありがとうございました。
今回は、囃子方の望月左太寿郎さん、笛方の田中傳十郎さんをお迎えして、お二人の楽器との出逢い、そしてその音の魅力を伺いながら演奏を聴いていただきました。とても貴重なお話しも伺えて、とても面白かったです。
最後は、俳優の坪井美香さんの語りと小鼓と笛の構成で「ものがたり道成寺」を試演して頂きました。

今月も下北沢アレイ「庭村の邦楽サロン」無事に終わりました。お運び頂きました皆様ありがとうございました。
今回は、囃子方の望月左太寿郎さん、笛方の田中傳十郎さんをお迎えして、お二人の楽器との出逢い、そしてその音の魅力を伺いながら演奏を聴いていただきました。とても貴重なお話しも伺えて、とても面白かったです。
最後は、俳優の坪井美香さんの語りと小鼓と笛の構成で「ものがたり道成寺」を試演して頂きました。開演前に短い申し合わせ位しかできませんでしたが、三人の表現者がお互いの感性を導き出している様で






想像していた以上に大変素晴らしい作品になりました。
ありがとうございました。
お客様も、とても喜んで頂けた様で嬉しかったです。
このシリーズを折々に色々と創って行こうと思ってます。僕もこれから楽しみです。

さて来月、7月のサロンは、「江戸小唄と久保田万太郎の世界と作品」です。ゲストは、伊吹清寿さんをお迎えします。是非是非お運びください。どうぞお楽しみに!




iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年06月05日

山本さんと石坂さんの

image0.jpegimage1.jpeg今日は桐生、有鄰舘での
石坂亥士×山本由也×ホッピー神山「打演奏」のimpro公演へ。



石坂さんの神楽、山本さんのマリオネット、神山さんのピアノと、普段では観ること聴くことのできない組み合わせでした。
昨年、山本さんの舞台を観て余りにも素晴らしかったので楽しみにしていました。
今回も細胞が喜ぶ、美しく素敵な舞台でした。
清々しいいい一日になりました。
ありがとうございました。


iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年05月30日

浜松の演奏会

image2.jpegimage1.jpeg今日は、浜松での演奏会が無事に終わりました。
久しぶりにご一緒できた先輩方とお会いできて懐かしく、楽しく演奏させて頂きました。
会場では、多くのお客様にお声掛け頂きまして
ありがとうございました。
エネルギーをいっぱい頂きました!
また浜松へ伺えのを楽しみに頑張ります。







さて、明日からは6月の台本作りに入ります!
楽しみです!



いつもお力添え、お導き頂きます皆様ありがとうございます。
どうぞ宜しくお願い申し上げます!

iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年05月26日

no-title

image1.jpeg演奏会用の唄本をやっと書いた。
老松、外記猿と好きな二曲。
最近、書くのに随分時間が掛かる様になった。
眼が悪くなったせいか、字のバランスが取れないし、曲がってしまう。
落款も曲がっちゃったな。

今月も、随分と仕事が延期、中止になった。
今回の演奏会も大丈夫だろうか。
延期、中止に慣れてきている様な気がする。







iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年05月19日

下北沢アレイ 「庭村の邦楽サロン」

image0.jpeg下北沢アレイでの6月からの「庭村の邦楽サロン」のご案内です。

毎回、素敵なゲストをお迎えして、ゆったりとした客席で、ちょっと贅沢な時間を楽しんで過ごしてみませんか。
お待ちしております!



6月 第五回  「 鼓の調べ 」
     
     ゲスト 望月左太寿郎 (鼓)



7月 第6回  「 万太郎・抄太郎の小唄」
     
     ゲスト 伊吹 清寿 (小唄)


  

8月 第7回  「 納涼 長唄尽くし」

     賛助  東音 穂積 大志




9月 第8回  「白拍子を描く」
       〜水猿曲と島の千歳〜
    
 ゲスト  桜井真樹子( 白拍子)
     賛助   杵屋 浅吉(三味線)
          望月左太寿郎(鼓)



10月 第9回  「秋によせて 」
        〜 小督より 〜
     
ゲスト  上原真佐輝 (箏)
          坪井 美香 (語り)



11月 第10回  「 小熊廣美 × 張理香」
〜 二つの静寂 〜

ゲスト  小熊 廣美 (書家)
          張 理香 (伽耶琴)
posted by 塩原庭村 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年05月09日

5月 庭村の邦楽サロン

今日は、下北沢アレイでの「庭村の邦楽サロン」でした。宣言下お運びくださいましてありがとうございました。先月に続き、特別ゲストも駆けつけて下さって、贅沢なプログラムとなりました。この時期だからこその時間と空間、そしてプログラム。私も充実した時間を過ごすことができました。
ありがとうございました。

本日のプログラム

一、三番叟

ニ、岸の柳

三、特別ゲスト 演奏

四、唄聲と能管による 竹生島

五、高尾さんげより  もみじ葉

来月は6月11日です。
是非是非お運び頂けましたらと思います! iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年04月30日

六本木 DOZ 「用細胞聴」

image2.jpeg本日の六本木doz 「用細胞聴」
この状況下、また雨の中、お運びくださいましてありがとうございました。
時空を超えた二つの静寂、音と空間。
とても清澄な贅沢な時間を過ごさせていただきました。
ご出演頂きました石川高さん、張理香さん、船蔵尚一さん、そして空間デザインの松本充明さん、舞台のボックスよろずやさん、本当にありがとうございました。




写真はリハ中の張理香さんです。
posted by 塩原庭村 at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年04月23日

no-title

image0.jpeg来週の会も迫ってきたので、お願いをして十数年振りにお稽古を付けて頂きました。
腰の入り方、歩き方、立ち座り、扇の扱いなど基本的なことを改めて勉強させて頂いてよかった。
歩くこと一つ、バランスが悪く上手く歩けなくなってました。重心の置き方を繰り返し何度も見て頂きました。
色々と発見もあって、今日は本当にお稽古に伺ってよかった。
明日から自宅の廊下で何度も往復して稽古いたしたいと思います(笑)

充実したいい時間でした。






iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

桜井真樹子の世界「白拍子の贈り物」

image0.jpegimage1.jpegimage2.jpeg今日は、三軒茶屋の先生のお宅に伺ってから、自由が丘で開かれた桜井真樹子さんの会「白拍子の贈り物」へ伺いました。


今年は桜井さんとご一緒出来たらな、何か作品を創れたらなぁと思っていたところにご招待いただきましたので、これから、何かあるのだと思い感じています。
今日のプログラムは、天台声明の散華に始まり、今様の蓬莱山、桜井さんの作品のコロナ送別歌と月影之川(moon riverより)、そして白拍子の曲の水猿曲。


その声や舞は、とても優しく清らかで豊かな時間、世界でした。
白拍子の曲の水猿曲は、長唄の島の千歳の世界そのものでびっくりしました。とても感動的な曲との出逢いで、これからの桜井さんとの色々なイメージが湧きました。(笑)
今日、4月22日は世界アースデイ。
世界各地で持続可能な社会を表現するイベントやアクションが行われています。


桜井さんは、
人間が成し遂げる力を見せる日ではない。
一人でも、ひとつでも、寄り集まっても、
何も出来ないかもしれない。
小さな、微かな、それゆえに、
心を動かされる生命の存在が
あからさまになる日。
そのときが、一刻でも
長くなる様にと祈る日。と、

優しく素敵な時間をいただきました。

ご縁に感謝して。

ありがとうございました。 iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年04月20日

花粉症と光悦と宗達と

image1.jpegimage2.jpeg今年も上手く花粉症から逃げられたと思っていたのだけれど、今朝起きたら全く声が出なくなっていた。この時期、仕事のスケジュールや食事にも気をつけてたのに。悔しいばかりである。
今日は、来月の舞台の練習があったので、お願いして唄わずに見学参加にさせてもらいました。
最近は焦って薬を飲むのを辞めています。
次の仕事まで五日あるので、食事と睡眠に気をつけてゆっくり休めば治るでしょう。
練習の帰り、いつも立ち寄る本屋さんで「光悦と宗達」の図録を購入。



電車を待つ間、買った図録を観ながら、光悦、宗達の世界に引き込まれながら、ゆっくりお茶を飲んだ。
こんな時には、こんな時間が大切だ。

帰って、来週の舞台の唄本を書こうかな。
iPhoneから送信
posted by 塩原庭村 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記